4226 今年もやってきた「国語に関する世論調査」

「国語に関する世論調査

今年も、「国語に関する世論調査」報告の季節がやってきた。あぁ…1年は早いなぁ…と実感。

実は、毎年この発表を密かに楽しみにしている。

知っているようで知らない言葉の意味や、世間の言葉に対する考えなどが分かってとてもおもしろいからだ。

「チンする」9割に浸透=慣用句は誤用が増加―国語に関する世論調査・文化庁

この調査の中から、記事に取り上げられた10の言い回しを見てみる。

調査対象となった10の言葉

90.4%が使うという「チンする」…最近の電子レンジはあまり、チンとは鳴らないような気もするけど、言いやすさもあって、定着したのだろう。

86.4%が使うという「サボる」…こちらも、他に言い換えられそうな適切な言葉もないから、定着することに違和感はない。

記事の内容がちょっと気になったところがある。

一方、世代で差が大きい語も多く、「告(こく)る(愛を告白する)」や「きょどる(挙動不審な態度をする)」を使うのは30代以下に集中。ネットから生まれ、否定やけなす意味で使う「ディスる」は30代以上にはほとんど浸透していなかった。「タクる(タクシーに乗る)」も戦前からある言葉だが、使うのはほぼ20~30代に限られた。

“告る”を使うのは30代以下に集中というが、それはある意味当然だろう。

その言葉を使う“特定の状況”になるかどうかによって、浸透の仕方が変わってくるのはずで、40代以上で、“告る”を使うってことは、そうないような気がするのだ。

そういった意味で、年齢差によって、使われる言葉に差が出てくるのは当然だろう。

たとえば、最近の若い人に、テレビの「チャンネルを回す」とか、ビデオの「巻き戻す」という言葉が通じないということを聞いたことがある。

でも、これらは言葉の由来がハッキリしているし、雰囲気やイメージは伝わるだろうから、それほど大きな問題にはならないだろう。

今回の調査結果のなかで、自分の不勉強を実感しつつ、印象的だったのは、「煮詰まる」という言葉だ。

「議論が行き詰まり結論が出せない状態」というのは、間違った意味。僕も含め、実に51.8%の人がこう覚えていた。

正しくは、「(議論や意見が十分に出尽くして)結論が出る状態になること」。こちらは、40.0%。

ひとつの同じ言葉なのに、半分以上の人が誤った意味で認識していて、正しい意味の方が少数派となると、この言葉を使うこと自体が危険なような気がする。

きっとそんな言葉は、たくさんあるのだろうなぁ…。

今年もまた「国語に関する世論調査」で楽しませてもらうことができた。

2 thoughts on drugs tadalafil online4226 今年もやってきた「国語に関する世論調査」

  1. やはり「告る」が気になりましたか。ロンさんのおっしゃる通り、最近、使う事があるかと言う話であれば、年代的にそうなりますが、過去に遡ると10~30年前は、10~30代だった訳で。そもそも、この設問に問題があって、本来は、昔からある言葉を含めての質問なので、使った(過去形)事があるか、と言う設問でないといけない部分を、使う(現在進行形)事があるか、と言う設問にしてしまうと、当然、こういう結果にしかなりません。ただ少子化の影響を考えた場合、30代以下でもそういう場面に遭遇する確立が低い事は想像に難くありませんが。調査する側が、言葉をよく理解していないと言うお粗末なお話でした(笑)

  2. ≫ 天河かなめさん
    はい…「告る」が気になりました(笑) まぁ新しい言葉ですから、かつての10~30代は、知らなかった…ってことにはなるんですけどね。
    そう考えると、この回答結果は、どうやっても必然…ってことになるんですね(笑)
    自分たちが生きている間にも、言葉がどんどん変化して行っているということを、こうして目の当たりにするのも、なんだかとても面白いですよね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください