4076 ご迷惑様

先日、電車に乗っていてときのアナウンスが気になった。

「ただいま停止信号で停車をしており、ご迷惑様です」

「ご迷惑様?」

ちょっとこの言葉に違和感を覚えた。 こういう使い方は正しいのだろうか?…と。

もしかすると誤用なんじゃないかと思い、調べてみたら、こういったことが書かれていた

困窮状態・不本意な状態に耐えた(耐えている)相手に対する同情・ねぎらいの気持ちを表わす敬意表現としてとらえられる。

つまり、「迷惑」という不本意な状態に対する同情やねぎらいという点で、表現としては正しいというのだ。

そう考えると、紹介されていた事例をはじめ、似たような表現はたくさんある。

  • お生憎様
  • お気の毒様
  • お粗末様
  • お世話様
  • ご馳走様
  • ご愁傷様
  • ご苦労様

たしかに、“お”・“ご”と、“様”の間には、不本意というか、決して良い状態ではない言葉が入っているではないか!

今回、こうして調べてみるまで知らなかった。なんだか、すごく面白い。

2 thoughts on buy internet viagra4076 ご迷惑様

  1. こんにちは!
    お~!
    確かに!
    「お(ご)」+「不本意」+「様」
    この覚え方はいいかも!

    当方のパソコン、データクラッシュ&OS再インストールの憂き目にあいました。
    まさに「ご愁傷様」です(悲)

  2. ≫ ムンクさん
    誤用じゃないか!と思っていたら、実は正しいどころか、けっこうあちこちで使われていて、応用の利く用法だったことに、あらためて驚きました。
    クラッシュ、再インストール…大変でしたね。僕も、最近心配になって、できるだけバックアップを取るようになったんですけど、想像するだけで、大変な作業になりそうですね…。本当に、ご愁傷様でした…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください