野武士、西へ 二年間の散歩/久住 昌之

photo

野武士、西へ 二年間の散歩
久住 昌之
集英社 2013-08-05

by G-Tools , 2013/12/18

 

 

散歩好きの著者が、近所への散歩の足を伸ばして…大阪まで歩いていけないか?…と思い立つ。

もちろん一気には行けないから、行けるところまで行って、電車で帰ってくる。続きは同じ場所まで電車で行って、そこから再開する。

そのアイディアは、某月刊誌の連載をきっかけに実行に移される。

連載する月刊誌の編集部が神保町を振り出しにして、実に2年を掛け、ひたすら西へ向かっていく。

地図を持たずに歩くから、道に迷ったり、ときには逆走したりするが、そういったトラブルも楽しんでいる。

また、やたらとトイレ(すごくリアル…)と、食事の話が出てくるが、それだけ、重要な問題だったのだろう。

とにかく、話はゆるい。でも、そのゆるさがいい。

地図を持たないから、名所旧跡を一本裏道で通り過ぎてしまうこともあったという。

あくまであてのない散歩なのだ。

散歩…定義は人それぞれだが、僕の場合は、どんな場合でも見どころは外したくない。名所を見逃してしまったことをあとから知ると、心から悔やんでしまう。

でも、効率を求めない散歩だからこそ、いろんな発見があるということを、この本は教えてくれた。

著者は、以前放送していたテレビドラマ「孤独のグルメ」で知った。

会話や独り言が、まるで、主人公の井之頭五郎のようでおかしかった。

また、地元の居酒屋でいろいろ会話できるシーンを見ると、やっぱりお酒を飲めるのっていいなぁ…と思う。

2 thoughts on cheap tablets online cialis canada野武士、西へ 二年間の散歩/久住 昌之

  1. やってみたい!…というのが素直な感想です。
    私もどちらかというと外出前にアレコレ調べることが多いですが
    案外役に立たないことも。基本、自由人ですので(笑)

  2. ≫ がんちゃん
    やはり惹かれますよね…がんちゃんも。
    僕の場合は調べようと思って、結局忘れるパターンです(笑)
    さすがに大阪は難しいですが、実は、似たような散歩を検討中なんです。またいずれ報告したいと思います。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください