3868 多磨全生園を歩く

国立ハンセン病資料館を見学して建物を出て、すぐ右手あった小径。

とくに目立った案内がなかったが、ここを抜けると、おそらく多磨全生園があるのは想像が付いていた。

森を抜けると、パッと空が広がった。

写真はそこからちょっと歩いたところで撮ったものだが、どこを歩いても、ほとんど似たような光景だった。

周囲はひっそりと静まりかえっていた。

病院をはじめとするさまざまな施設もあるものの、東京ドーム7~8個も入るという敷地に、現在の入所者数は、二百数十名しかいないわけで、静かなのも頷ける。

平屋の建物の続く道を抜けると、ちょっとした森へ。

それは多磨全生園を隔てる森であり、先日行った写真展でも見掛けた、脱走防止のヒイラギの生け垣もあった。 現在は低く刈り込まれているようだ。

ふたたび園に戻ると、さっき見たのと同じような光景に出くわす。

 

かつて学校のあった、全生学園も跡地の碑だけが残されていた。

ここには、隔離された子供達が通っていた学校があった。

かつて脱走防止のために掘割を築かれたが、やはり、これも患者達の手によるものだった。

その残土を積み上げた山が、この「望郷の丘」だ。

園の外を眺めることのできる唯一の場所で、その名の通り、望郷の念を抱く患者らの憩いの場所だったはずだ。

僕も登ってみたが、周囲を木に覆われて、何にも見えなかった。

療養所が開設された当時の建物は既になくなっているが、復元された建物もあった。

園の南側には、仏教やキリスト教といった宗教施設が集められていた。

他の建物とは違った洋館風の建物…近くまで寄ってみると理容室のようだった。今日はお休み?

さらに歩いて行くと、かなり新しい建物も…病院かな?

ショッピングセンターと書かれた建物もあったが、こちらも休みのようだった。

 

突きあたりまで歩いて行くと、鳥居がありその先には、小さな本殿があった。

地図には、永代神社と書かれてあった。

患者たちは、ここにどんな思いでお祈りをしたのだろう。

鳥居越しに見える療養所を見て何を思っただろう。

写真展でも見掛けた、木に取り付けられた“匿名”と書かれた名札。これを見るだけでも、重い気持ちになる。

さっきまで明るかった空が、急に薄暗くなってきた。雨の降る状況をレーダーで見ると、すぐ近くでも激しい雨が降っていることがわかった。

急いで帰った方が良さそうだ。

来週の参院選をひかえ、選挙ポスターの掲示板が、園内の案内版を遮るようにして立っていた。もうちょっと配慮してくれても良いのに…。

ときどき園内を通り抜ける人たちの姿も、見掛けた。

全生園の正面入口まで歩いてきた。

案内図や説明板の場所を示す地図を見つけたが、もうちょっと早く確認しておけばよかったと、ちょっと後悔。

でも、だいたい主要どころは見学できた感じ。

最後の最後になって、園内の道路に引かれていた白線の意味を知った。

ただのセンターラインだと思っていたら、この施設ならではの理由があったのだ。

ふたたび、バスに乗って清瀬駅に向かう

ここまで、なんとか雨に濡れずに済んだ。

2 thoughts on tadalafil generic cialis 20 mg3868 多磨全生園を歩く

  1. ≫ tkdさん
    お返事が遅くなって申し訳ありません!コメントありがとうございます!
    ぜひ見学して、いろいろ学んでみてくださいね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください