3706 王子狐の行列

東京都北区王子には、昔からこんな言い伝えがあるそうだ。

大晦日になると王子の榎のもとに狐が集まってきて装束を整えて、王子稲荷にお参りしたという。

そんな言い伝えをもとに始まった伝承行事が、この「狐の行列」らしい。

2007年にも行っているが、久しぶりに見に行ってみることにした。

23時50分ぐらいに王子に着いたときには、まだそれほどのお客さんはいなかったが、行列が通過する予定の北本通り(きたほんどおり)には、ちょっとずつ人が集まり始めていた。

装束稲荷まで行けるかどうか心配だったが、まだお客さんが少なかったせいか、目の前まで行くことができた。

 

 

運営担当の方が、挨拶をしたあと、2013年に向けて、装束稲荷の前に集まった人たちみんなで、カウントダウン!

こんな感じでカウントダウンして、クラッカーで景気づけするとは思ってみなかったので、ちょっとビックリ。

まずは、北本通りに向けて、行列がゆっくりと前に進み始める。

 

行列がメインのイベントと考えれば、もともと賑やかなお祭りというわけではないので、お客さんの割には、全体的に静かな雰囲気。

いろいろな狐のお面や、狐の化粧など、周辺は狐だらけ。

ずっと狐を見てると、ちょっと自分もやってみたい衝動に駆られる。

狐の行列は、古い言い伝え通り、王子稲荷神社に向かうが、先回りして、王子稲荷神社に行ってみたら、0時を回り初詣客で境内まで長い行列ができていた。

最後まで見ていたい気もしたが、初日の出も見たいと思っていたので、おまり遅くまで起きているのはよそう…と帰宅。

2 thoughts on “3706 王子狐の行列

  1. あけましておめでとうございます。
    このところ読み逃げばかりで申し訳ありません。

    この行事…改めて「行けばよかった」と後悔しております。。。
    (もちろん、参加も含めて・笑)
    「チャンスの神様」は本当に存在するんだな、と実感しました。

    関東の話題は本当に懐かしくて、今回のように時々後悔しつつも
    楽しく拝見しております。
    本年もどうぞよろしくお願い致します。
    ろんさん&おじゃこさんにとってより良い年となりますうように!

  2. ≫ がんちゃん
    あけましておめでとうございます。
    こちらを離れてたからこそ、見えてくることもありますよね。
    今年も、がんちゃんの分も?、いろんなところに出没して、
    いろんなモノを見てきたいと思います。
    今年もよろしくお願いします!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください