へんな死にぎわ/のり・たまみ

へんな死にぎわ (角川文庫)
のり・たまみ

角川書店(角川グループパブリッシング)

 

自分の記憶の限りでは「へんないきもの」以来、さまざまなジャンルで、「へんな…」と始まる本がいくつも登場している。ふだんの生活や、一般常識では考えられないあたりが「へんな」ところなのだろう。

と思ったら、この著者は、さまざまな、「へんな…」を書いているようだ。

本書は、古今東西のさまざまな著名人たちの遺言や亡くなる直前のエピソードを紹介している。

淀川長治の「もっと映画を観なさい」なんてのは、本当にそう言ったかどうか分からなくても、実際に言いそうだ。

「アイスクリームが食べたい」(国木田独歩)とか、「富士山が見たい」(吉田茂)というのは、当人にしか分からない何かがあったのだろう。

先日、非常のときに人は本性を現すと書いたが、死というのは、究極の非常なわけで…

「私はまだ見たことの半分も話していない」(マルコポーロ)
「もっとシャンパンを飲んでおけばよかった」(ケインズ)
「イヤだよー、死ぬのは」(一休)

といった後悔の言葉を口にする人がいる一方で、死を恐れず、前向きにとらえるこんな言葉が、心に残った。

「天国では耳が聞こえているといいなぁ」(ベートーベン)
「いっぱい恋いもしたし、おいしいものも食べたし、歌も歌ったし、もういいわ」(越路吹雪)

できることなら、こんな死に方をしたい。

また、遺言の書き方や、絞首刑と斬首刑の比較など、数編のコラムなども興味深かった。

「清水の舞台から飛び降りる」を文字通り行った人が、1694年から1864年までの間に、234件 生存率85%…という話を始め、死に際に関する小ネタがたくさん。

死という重いテーマだが、読みやすい文体と相まって、さらりと読める。

2 thoughts on buy generic cialis online australiaへんな死にぎわ/のり・たまみ

  1. 多くの命が失われた未曾有の大災害から1年。
    「死」に対する関心は高まっているように思います。
    誰にも必ず訪れるという「肯定の意識」を持つことも大事ですね。
    「へんな…」というタイトルはとっかかりやすいという意味で秀逸だと思いました。
    ちょっと読んでみようかな…

  2. ≫ がんちゃん
    死は、決して避けることはできないわけですから、できるだけ、前向きな気持ちで受け止めたいものです。著名人たちの死から学べることは、けっこういろいろあるなぁと、この本を読んでみて思いました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください