3448 上野から浅草界隈を歩く

今日は上野駅から浅草方面へ歩く。

以前も来たことがあるが、地下鉄銀座線の踏切を見学。この時間は、電車が通らないので、特に変化もなく面白味には欠ける。

けど、けっこう見学に訪れる人がいる。

住所でいうと北上野のあたりは、やたらと再開発されたビルが目立つ気がする。いずれもオフィスビルばかりのためか、日曜日の今日は、ひっそりと静まりかえっていた。

日曜日に静まりかえっているのは、カッパ橋道具街も同じ。多くの店が定休日なのだからしょうがない。

今日の駅からハイキングは、途中にチェックポイント(浅草ビューホテル)が設けられているので、そこに寄って浅草に向かう。

意識せずとも、新しいビルばかりが目立つ。

日本現存最古のジェットコースターがあることでも知られる浅草花やしき。

これまで何度か行く機会があったものの、一度も行ったことがない。

ウインズ浅草が視界に入ってくると、浅草の「ディープな地域」という感じになってくる。

おそらく平日休日問わず同じような感じなのだろう。

昼間から酒が似合う

見ようによっては、日本じゃないような、そんなところを抜けると…

いきなり、浅草寺の本堂へ。写真だと人が少なく写っているが、けっこう多くの参拝客で賑わっていた。

浅草寺本堂、浅草神社の前を突き抜け、国道6号線に出る。

人力車の車夫と乗客がなにやら話をしていた。

車夫は流暢な英語を喋っていたが、乗客の英語はカタコトだった。雰囲気から察するに、乗客はアジア系の外国人で母国語は英語ではないのだろう。

ある意味、国際的な場面?ではある。

浅草から見えるおなじみの景色に、スカイツリーが仲間入りした。

いまから85年前に作られた地下鉄は、かつての“名所”だった。

出入口にある「地下鉄出入口」の装飾は、長い時を経ても、まったく色あせることなく、いい雰囲気を醸し出している。

時代を超えた普遍的なデザインなのだろう。

雷門をくぐり仲見世へ。ここは人でごった返していた。
そろそろ、お昼で、少しお腹もすいてきたところだったので、できたての人形焼を買ってみることにした。

1個60円は決して安くはないが、できたてというのは、どんなかんじなんだろう?と食べてみたら…。

これがまた意外と?美味しかった。こしあんが熱々。

仲見世を途中で抜けて、ふたたび上野方向に進路を取る。

途中の路地から、ときどき思い出したように?、スカイツリーが見える。

ふと、スカイツリーは、東京タワーよりも、大阪の通天閣に似てるような気がしてならなくなった。

タワーの建っている地域のせいか、タワーと一緒に撮る風景のせいか…。

いずれにしても、興味深い被写体であり続けることは確かだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください