3302 “入間ドック”の謎

今日は、人間ドックに行ってきた。

この、人間ドックという言葉を、じっと見ていたら…

人間 ー> 入間

…に見えてきたのだ。

にんげんドックならぬ、“いるまドック”。

僕のように考える人って、他にいるのかな?と、Googleで検索してみた。

すると、約143件がヒットした。

なんだ、くだらないことを考えるのは、僕だけじゃないんだ!…と、検索結果を見て驚いた。

なんと、ヒットした多くが、ふざけているわけではなく、本気で人間ドックの代わりに、“入間ドック”と表現していた。

つまり、誤字なのだ。

なぜ、ここまで入間ドックが、ネタではなく、ごく普通に、使われているのだろう?

入力ミス?とか、打ち間違い?

違う。

そもそも、“入間”と人間は、見た目が似てるだけであって、文字を入力する段階で、明らかに区別する文字だ。

「にんげん」と入力して、決して、“入間”と変換されることはない。

また、あるサイトでは、“入間ドック”が登場するページのすべてが、“入間”となってるわけではなく、人間と正しくなっている箇所が混じっているという点。

これも不可解だ。

なぜ、これほどまでに、誤字が出現しているのか、合理的な説明が思いつかない。

“入間ドック”出現の経緯の謎は、深まるばかりだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください