超高層ビビル/中谷 幸司

■建築・都市, 龍的図書館

4784509860 超高層ビビル 日本編 (Skyscrappers Vol 1)
中谷 幸司

社会評論社 2008-06
売り上げランキング : 132081

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先日も思わず撮ってしまったように、超高層ビルを見ると、ちょっと気分が高揚してくるのが自分でもわかる。最近は超高層ビルファンを公言する人も増えてきたように思う。

新宿副都心

この本は、図書館でたまたま見つけた、ひたすら超高層ビルばかりを集めた写真集。だいたい高さ100m以上(…というアバウトさがいい)ある日本中のビルが掲載されているとのこと。100mに満たない場合でもデザインがいいとか地域のランドマークになっているというビルも取り上げている。

すべての写真には、ビルの名称、高さ、階数、建築年、所在地が載っているが、それ以外は一切の解説はない。あくまで、超高層ビルの美しい姿を淡々と、そして次から次へと登場する。極端に言えば、そのビルがどのように使われていようが関係なく、その存在そのものを鑑賞しよう「超高層ビル」そのものに惚れ込んだ著者の心意気?が伝わってくる。

「背景が青空になること」「下から上まで入るようにすること」というポリシーに基づいて、すべての写真は著者が実際に撮りに行ったもので、その苦労は想像に難くない。いかに超高層ビルが美しく写真に収まるかを追究しているのだ。

僕も超高層ビルファンの一人だが、さすがにここまではできないなぁ…