2502 決断のとき

物思いに耽る(雑感), 社会・政治・事件

今日は降水確率は一日を通じてあまり高くなく、傘の必要性は感じないだろうという判断で出掛けた。会社までの道すがら、ぱらぱらと雨を感じたものの、その後は空が明るくなって、予想通り雨は降らず、会社帰りのときも、ネオンに照らされた薄い雲からは、とても雨が降りそうな感じはしなかった。傘を持たないで出掛ける判断は正解だった。

帰宅後、インターネットのニュースを見てびっくり。

福田首相退陣表明…。

つい先日内閣改造したばかりなのに。このわずかな期間でいつ決断したのか? いや、実はもっと前から決断していたのか? それにしても、なぜいまなのか?

テレビのニュースを見てたら、窓を開けていた外から大きな雨音が聞こえてきた。まさか。さっきあんなに晴れていたのに。

昨日と同じようにレーダーを見てびっくり。

自分の住む地域だけ雨が…。


ここだけ雨とは…!?

こういうこともあるのだ。今日もしもうちょっと帰りが遅ければ、朝の決断は誤ったものとなっていたはずだ。

新しい首相が決まるまで、紆余曲折があるだろう。そしていずれやってくる総選挙。今回の決断はどういう結果をもたらすのだろう?

Posted by ろん