2101 ネクター

不二家製の清涼飲料を委託販売しているサッポロ飲料が、自社の自動販売機から不二家製品の販売を中止するというニュースを見た。

ネクターそういえば、会社の自席から一番近いところにある自動販売機に、不二家のネクターが売られているのを思い出した。しばらく飲めなくなる前に飲んでみることにした。かなり久しぶりに飲んだのだけれど、なかなか美味しかった。

それを周囲に話すと、一様に「大丈夫?」「何か入ってるかも…」と冗談めかして言われた。僕も同じ立場ならば同じようなことを言うような気がする。

今回の不二家の一件で、誰もが同じような発想をしてしまう思考回路ができあがってしまったことに、あらためてことの重大さを見た思いがした。飲料に関しては、これまで特に大きな問題は発覚していないが、すでに「不二家」というブランドそのものに、そうしたイメージができあがっているのだ。これを払拭するのは並大抵なことではないだろう。

今朝見た自動販売機には、もうネクターはなくなっていた。

3 thoughts on lasix for sale2101 ネクター

  1. せっかくのブランドが、崩れてしまうんですね。信用というものは恐ろしいですね。
    ネクターやミルキー、魅力ある製品そのものが失われていくのは寂しいですね。味覚の記憶は、人にいろんな影響を与えてくれますから。雪印→メグミルクというように、このブランドも変わって製品は生き続けていくのでしょうか。まあお菓子は牛乳のように生活必需というわけではないですが。。。

  2. ネクターもミルキーも小さい頃から好きでよく食していましたので
    周囲から姿を消してしまったことに違和感を覚えています。
    仕方の無いことではありますが…これが現実なんですね。

  3. ≫ ucky
    ほんとこうした信用はあっという間に失って
    しまうものですね。幹部の人たちもわかっていた
    はずなのに…。生活必需品ではないからこそ、
    イメージはより大事ですよね。

    ≫ がんちゃん
    以前、不二家のお店で、店員とお客さんが立ち話
    しているのをたまたま聞いたんですが、そのときは、
    数日程度で再開できるみたいなことを言ってたのを
    思い出しました。でも、いまだに再開の見通しが
    立ってない状態が続いてしまってますね…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください