へんなものすき子さん/ふじわら かずえ

■趣味・実用・人生論, 趣味・実用・人生論, 龍的図書館

4396410727 へんなものすき子さん―おもしろかわいい昭和の雑貨手帖
ふじわら かずえ

祥伝社 2005-01

Amazonで詳しく見る by G-Tools


 昭和のちょっと変わった雑貨を集めた本。全編楽しいイラストで構成されている。
 「ジェームスディーンのピーヒャラ」とか、「きせかえ」でなく首をすげ替える「くびかえあそぴ」とか、木のピースを縦や横に動かして、「娘」というピースを外に出す「娘パズル」、さまざまなこけし…「スチュワーデスこけし」「壇ふみにしか見えないこけし」「東京タワーこけし」とか、イチジク浣腸の販促品として作られたナイフとか…
 今から見ると、なんだかよくわからないモノばかりだが、作られた当時は、別に笑わそうとしたわけでもなく、いたって真面目に作っていたのだ。それだからこそ、趣があって楽しいのだと思う。
 四、五十年の違いで、日本人の発想がここまで変わってしまうというのは、ちょっと不思議。今の時代のモノが、また四、五十年先になったら、どう見られるのだろう?それはそれで楽しみ。

(2005/5/1) 【★★★☆☆】 -05/5/1更新