5505 消費税率が10%になるらしいけど…

来年、2度の延期を経て、消費税は10%となるようだ。

そして、一律だった税率は、生活必需品としても食品と、新聞が8%に据え置かれることが決まっている。

…っていうか、なぜ新聞なんだろう?

軽減税率の対象として「食品」はわかるけど、加えて「新聞」って、なんだか、妙にバランスが悪い気がしてしまう。

その食品も、外食だと10%になる。

コンビニなどのイートインは10%なのだそうだ。

買ったその場では持って帰るつもりだったが、やっぱり店内のイートインスペースで食べて帰ろう…ってことにした場合、どいういうことになるのだろう?

未払いとなってしまう消費税を2%分追加で支払う必要があるのかな?

それにしても、軽減税率2%のために、店はレジも改良し、ルールを徹底させなければならないし、消費者も面倒なルールに縛られる…。

本当に、軽減税率なんて必要だったのだろうか?

消費税率を10%にするために、“軽減”税率を呼び水にしたのかもしれないが、このせいで、かえってややこしいことになってる気がしてならない。

消費税率変更で、ようやく総額表示の義務付けが復活するのは、喜ばしいこと。

でも、8%と10%が混在する可能性がある場合は、税抜き表示が可能…なんてことになりそうで、イヤな予感。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください