5409 仙台から札幌へ…気になった風景

先週からの出張の続きで、今日は仙台に行って、そのあとは札幌へ向かう。

いつものように強行軍だし、そもそも仕事での移動なので、観光要素は皆無だ。

移動中は仕事がメインだけど、それでも気になる光景には、目を奪われてしまう。

アッと思って写真に収めようとしても、失敗したり、撮ること自体忘れてしまうこともあるが、今回はこんな感じで3点ほど。

【3本の電波塔】

仙台駅に到着する直前に3本の電波塔が見えた。

地域の電波塔はたいてい1本にまとめられるものだと思うのだけど、仙台ではそうなってはいないようだ。

当然ながら、当事者の皆さんでは考えたのだろうけど、共用化する方向には考えられなかったんだろうか?

3つの塔

【悲劇の地】

仙台空港から新千歳空港に向かう機内から、3か月ほど前に行った石巻市立大川小学校のあった場所が見えた。

現地では海は遠いと感じたが、上空から見ると、目と鼻の先なのだということが良くわかる。

悲劇の地

 

【ちょっとやり過ぎか?】

札幌に到着しホテルの客室にて。やりすぎ?エレベーター内でも説明書きが…ベッド脇にある、照明や空調の操作パネルだが、北海道らしさを強調しようとするあまり、使い勝手がイマイチ。

パット見た目で、何をどう操作していいかわからなくなってしまっている。

質問が多いせいか、エレベーターにも空調の操作ボタンの説明があった。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください