5350 ハトヤホテル

僕の世代より上であれば、おそらく誰でも知ってると思う、このCMソング…。

♪ 伊東に行くならハ・ト・ヤ 電話は、ヨイフロ

実は、このハトヤには、以前から行きたいと思っていた。

より正確にいうならば、宿泊ではなく建物のデザインを見たかったからだ。

今回、伊東へ行ったついでに、ちょっとだげ寄れそうなタイミングができたので、積年の希望を叶えるときがきた。

勝手に海沿いにあると思いこんでいたから、小高い山にあるのを知って、ちょっとビックリ。

ちなみに海沿いにあるのは、ハトヤの姉妹ホテルである、サンハトヤだ。

細い道を上がって、ハトヤに到着。

最初から目に飛び込んだのは、独得な窓を持つ渡り廊下。気になる…。

ハトヤに到着 ついにやってきた!

建物が見渡せる場所に移動すると、CMでもおなじみだった、ハトヤ消防隊も見えた。

ハトヤ消防隊も見える

フロント宿泊者ではないので、申し訳なさそうに館内へ入る。

そろそろチェックインのお客さんが増え始めてくる時間だ。

フロントやロビーが賑やかになってきた。

天井の照明もちょっとレトロ感が漂う。

そして、まず、何よりすごいと思ったのは、電球の球切れが皆無であったことだった。

こうしたメンテナンスを維持し続けるというのは、想像以上に大変なことだと思う。

照明が美しいのはもちろん… 見所が随所に…

そして、ずっと見てみたかった渡り廊下を目にすることができた。

見たかったのはここ…

防火扉も独得な形この窓の形と配色…。

どう表現していいかわからないのだけど、明らかに”昭和”なのだ。

このデザインに囲まれて、いろいろと考えてしまった。…楽しい。

もっと、あちこちを見て回りたかったが、時間がないので、ざっと駆け足で見て回る。

写真も撮ったが、慌ててしまったせいか、何枚もブレてしまったことがとても悔やまれる。

公衆電話置場が無線LANルーター置場に…

かつて公衆電話が置かれていた場所には、代わりに無線LANルーターが置かれていたが、まさに、これも時代だよなぁ…と、あらためて実感した。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください