5147 長期休暇最終日

実に11日間にも及ぶ連続休暇が今日終わる。

おそらく社会人になってこれほどまで長く休んだことはなかったと思う。

だから、休む前は、こんなに長く仕事せずに過ごしていたら、きっとまた仕事をしたくなる…と思った…が、終わってみると、まったくそんな気が起きなかった。

むしろ”仕事したくなくなってしまった”という結果に自分でもちょっと驚いている。

そもそも、休む前は、”休むこと自体面倒だ” という思いもあった。

休み明けの大変さを想像すると、休んだほうが面倒になるのだから、コンスタントに仕事を続けたほうが結果的に楽だと思ったからだ。

もちろん、それはそのとおりだと思うし、実際、いま、明日からのことを考えると気が滅入る。

だけど、そんなことを考えたら、休むことなどまったくできなくなってしまうし、元の仕事のペースに戻すための時間をもらうのも、ある意味当然の権利だとああえて思うようにすると、気持ちは落ち着いてくる。

また1週間ものあいだ、沖縄で過ごしてみると、沖縄に限らず、もっといろいろなところを見てみたくなった。

多忙を極めていたころは、遠出すること自体が面倒で行く気はまったく起きなかった。

ふと、言い古されてることばを思い出した。

「仕事をするために休むのか?」 

「休むために仕事をするのか?」

ちょっと前までの自分は、明らかに前者だった。

でも、この連続休暇を経て、確実に後者だと思えるようになった。

休むために…をより、正確に表現すると、=自分らしい生き方をするために…と、言い換えたらいいと思う。

少なくとも自分の人生においては、仕事が主役なんかじゃないのだ。

5147 長期休暇最終日” への2件のコメント

  1. ろんさん
    お久しぶりです。ご無沙汰してしまい申し訳ありませんでした。今日のブログ、心打たれました。激しく同意です。この先のろんさんが楽しみです。応援してます。

  2. ≫ サムトッシュさん
    大変ご無沙汰しております。コメントありがとうございます。
    そうですね…いろいろなことがあって、自分の気持ちの中にも変化が出てきたな…と感じています。
    最近は更新の頻度が落ちていますが、またときどき見に来ていただけると嬉しいです。
    引き続き、よろしくお願いします。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください