4998 都知事選挙を振り返る

ヘリコプターの光土曜日、やたらヘリコプターが飛んでいるなと思ったら、街頭演説を上空から取材するマスコミだった。

ようやく東京都知事選挙が終わった。
ここ最近の選挙は、消去法で選ばざるを得ないことが多いが、今回も同様だった。

でも、多く人たちが、けっこう早い段階から、今回のような結果になるんじゃないかと思っていたはずだ。

そういった意味では、見えていたようなオチのような気がするが、当事者たちにしてみれば、そういうわけでもないのだろう。

選挙活動期間は、短い期間ながらも、意外なほど候補者たちの、人間像をあからさまにしていくものだ。

与党側の破れた候補者もそうだったが、野党共闘の候補者は、晩節を汚しただけで終わった。

いったい何のために出馬したんだろう?

そして、与党の分裂にしても、野党の共闘にしても、今回は「組織としがらみ」みたいなものを強く感じられた選挙だった気がする。

組織としがらみがあると、面倒なことになるとまざまざと見せつけられた気がする。

その一方、組織もしがらみもないと、個人の考えだけとなって、あまりに自由になりすぎ、主義主張を喧伝する場として使おうとする。

おそらく史上最小の”ポスター”

もう都知事関係ないじゃん…こんなポスターってあるだろうか?

おそらく、史上最小の”ポスター”だろう。

そもそも、立候補者の半分しかポスターを貼ることすらできてない状況からすれば、こうした”ぽうスター”を貼れるだけ、まだマシなのかもしれないけど。

4998 都知事選挙を振り返る” への2件のコメント

  1. ロンさん
    消去法で、というのもさることながら
    この国の選挙って???と改めて思います。
    期間中に一般の有権者に伝えられるは
    なじり合いとかスキャンダルネタなどが多く
    肝心の掲げる政策はそれらに埋もれてる印象です。
    ならば自分で調べるべきなのかもしれませんが
    多くの有権者が政治の専門家ではないんですから
    余計にそういう雑音ばかりはどうかと。

    それにいわゆる泡沫候補、真剣な人もいれば
    あきらかにパフォーマンスの人もいるわけで
    まぁ善くも悪くも民主主義かぁ、と感じてしています。

    総じて「選挙」の体を成しているのか???
    いや、コレこそ日本の「選挙」なのかもしれませんけど
    訪日外国人に是非観てもらいたい日本の一面ですね。
    かなりウケると思うんですが…..。

  2. ≫ ぶりさん
    そうですね…結局のところ、なじり合いとかスキャンダルネタのほうが、
    有権者に響くんでしょうね。良くも悪くも平和なんでしょうね。
    もちろん問題意識を持っている人もいるでしょうし、なんとかしたいと
    思っている人も多いはずですが、大多数ではないんでしょう…実のところ。
    その一方で、問題を問題と思っていないとか、問題に気がついていない
    有権者も少なくないはずです。マスコミが伝えるべきところはそういう
    部分であるはずなのですが、往々にして注目されるのは、
    スキャンダルネタになりがちです。
    このあたりは、海外はどうなんでしょうね…選挙活動は日本よ制約が
    少ないっぽいから、もしかすると日本よりも激しいかもしれませんし、
    その分、よりしっかりしてる面もあるかもしれません。
    なんとなく…ですけど、日本における選挙は、どんどん劣化してる
    気がしてなりません。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください