4914 さらに美味しくなるということ

これって、けっこう、よく見かけるけど…

さらに美味しくなりました…さらに美味しくなりました

けど、本当にそうだろうか?

誰にとって「おいしい」のだろう?

こうした表示で売上が上がって、販売者が”おいしい”のか?

それは冗談としても、実際、味覚なんて人それぞれなのだから、実は前の方がおいしいということもあるかもしれない。

いや、そもそも、こうした表示通り「美味しかった!」となった記憶がない。

自分が味音痴なためか?

ただ、こういった表示があっても、たいていの場合、具体的にどう美味しくなったのか?という説明がない場合が多いから、本当にそうなのか?、わからない。

まぁ、あんまり細かいことを考えず、「美味しくなった」のだと、暗示にかかった方が、幸せなのかもしれないけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください