[社会の窓]ダイオウイカ

「ダイオウイカ」…古来より船を沈めると恐れられてきた、世界最大のイカだ。しかし深海で実際に泳ぐ姿を見た者は誰もおらず、謎に包まれていた。

NHKと国立科学博物館などの国際チームが挑戦し、撮影に成功する…今年初め、放送されるや大きな反響を呼ぶ。

そして、いま、ちょっとした、“ダイオウイカブーム”のよう。

こんな光景に出くわすとは、ちょっと前には、想像すらしなかったな。

ふだん、目立たない世界に注目が集まるのは、いいことかも知れないし、きっかけは多いに越したことないけど、一気に盛り上がると、萎むのも早そうなので、ちょっと心配。

 

[社会の窓]ダイオウイカ” への2件のコメント

  1. 海の底って見てみたいですよね。
    近くて遠い。
    宇宙空間と地上って1気圧しか違わないけど、
    海は10m潜るだけでプラス1気圧ですから。
    素潜りで100m以上潜る競技もあるけれど、周りの様子を見ている余裕なんてなさそうだし。
    変な生き物の宝庫の深海には興味津々です。
    ダイオウイカの実物大模型見たい!
    巡回展、近くに来ないかな?

  2. ≫ planarさん
    たしかに…そうですね! 言われてみれば、宇宙とは、たった1気圧しか差がないんですね。
    それに引き替え、深海の気圧は桁違いなわけですから、当然、そこに棲む動物もそれに対応した姿をしてるわけで、興味は尽きません。
    NHKが力を入れてるイベントですから、巡回展もあるかもしれないですね。実物大ダイオウイカはインパクトありますよ~!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください