[社会の窓]ドクダミ

近所を自転車に乗っているとき、なにげなく空き地に目をやったら、そこには、小さな花が一面に咲いていた。

ドクダミだった。

いまが花の最盛期のようだ。

いわゆる雑草の中でも、極めて存在感がある種類の草だ。

ドクダミを見ると、確実に夏が近づいてきていると実感する。

東京は先週梅雨に入ったものの、週末に掛けては、早くも中休みで、今日もいい天気だった。

さらに自転車を進めてみると、ラベンダーの花もたくさん咲いていた。

こちらも、初夏を告げる代表的な花だ。

花の存在感に圧倒されると、小さな悩みなんて忘れてしまい、何とも言えない穏やかな気持ちになるような気がした。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください