3812 My First Rifle

アメリカで、また痛ましい事故が起きたというニュースキャッシュ)を見た。

5歳の男の子が、2歳の妹をライフル銃で撃ち、死なせてしまったという。そして、このライフル銃は、昨年、男の子に“プレゼント”されたものらしい。

え、プレゼント…って…。

まったく信じられないことだが、「マイ・ファースト・ライフル」なんていうコピーで、子ども向けに銃を販売する会社もあるらしい。

どんな会社なんだろうと、アメリカのKeystone Sporting Arms社のサイトキャッシュ)を見てみた。

そこに、子供向けライフル銃のリンクがあったので、辿ってみると、サイトが落ちてしまって閲覧できなくなっていた。

僕のような人が世界中にはたくさんいて、きっとアクセスが殺到しているのだろう。

そうなると、ますます気になるので、ちょっと前のキャッシュを探してみる。

そしてようやく発見。

なんだ…この洒落た雰囲気のトップページは…??

たしかに、My First Rifleのコピーが見える。

どんな銃が扱われているか、カタログを見てみると、色とりどりのライフルが紹介されていた。

それは、ライフル銃というものは、“あるのが当然”であるかのように。

いかに子供達に抵抗なく銃を持たせるか?ということを意識しているのだろう。

カタログを見ていると、一瞬、これがどんな目的で使われるのか忘れそうになる。

そして、KIDS CORNER というのを見てみると…

小さな子供達が、ライフル銃を抱える姿が多数載っていた。

日本で誰もが確実に覚える違和感は、きっと、写真に写る子供達はもちろん、親や周囲の大人達には、誰も感じないだろう。

同じ人間でありながら、命に対する考え方が、決定的に異なるというのは、どうしても解せない。

何度となく悲劇は繰り返されているのに、アメリカの状況は、まったく変わってないように見える。

ふと、思った。

人の命に対する考え方が決定的に違う…ということ…。

例が違うけど、もしかすると、死刑制度に対する日本人と、死刑制度に反対する国々の違いに似てるのだろうか?…なんて。

あ、いやいや、違うかな…。

ただ、いくら文化や伝統だからといって、少なくとも、小さな子供に与えることはないとは思うのだけど…。

あらためて、My First Rifle のトップページを見てみた。

 

子供の向ける銃口の先には、いったい何があるというのだろう?

7 thoughts on “3812 My First Rifle

  1. ロンさん

    日本では「銃は人を殺すための道具」
    欧米では「銃は人を殺す事もできる道具」

    そんな意識の違いもあるのではないでしょうか?

    ご存知かとは思いますがスイスは割合でいえばアメリカ以上に
    殺傷能力の高い銃が国民に行き渡っています。
    それでアメリカのように殺傷事件はないのか?と言われれば
    やはり時々事件は起きているとか。
    我々日本人にとってはちょっとコワイ環境かもしれません。

    で、そんな国の人が訪日した時に感じた事のひとつ
    それは自転車マナーの悪質さ、だったそうです。
    そもそも向こうではマナーでなく法律のようですが。
    銃よりも身近な自転車の無軌道ぶりが彼らに
    到底理解不能であり怒ってもいました。
    (報道が少ないだけで事実死傷者も多数でていますしね)

    「人を殺す事もできる道具なのにどうして野放しなんだ?!」
    もしかしたらそんなふうに彼は内心感じていたのかもしれません。

  2. こちらの新聞記事を読みましたが、どうも事件のあった地域は狩猟が盛んで、地方新聞には仕留めた野生の鹿や七面鳥と一緒に笑顔で写った子供の写真がたくさん紹介されるコーナーがある、と。そのくらいハンティングの低年齢化が進んでいて、それはこの地域だけではなくアメリカ全土での傾向だそうです。銃が広まることで利益のある連中の啓蒙活動の賜物です。

  3. ≫ ぶり さん
    根本的に考え方が異なるんでしょうね。
    もちろん道具に罪はなく、使う人間の責任であることは間違いないのですが、だからといって、小さな子供に与えるというのはどうにも解せないですよね。
    そして挙げていただいた、自転車マナーについてのエピソードは、非常に示唆に富む例ですね。日本人の中でも、マナーの悪さを気にする人とそうじゃない人がいるという点で、銃の問題に通じるものがあるような気もしますね。

    ≫ せーの さん
    なるほど…狩猟が盛んってことか…。
    そういう背景を知ると、またちょっと違って見えてくることもあるね。
    ただ、銃口の向かう先は獲物だとしても、銃は人を殺めることも容易にしてしまうという事実にどう向き合うのか? 銃の業界団体によるロビー活動は、日本でも伝えられていますが、アメリカ全土での傾向と聞くと、銃の問題は、やはり相当根深いということをあらためて思い知らされた気分がします。

  4. >ろんさん
     欧米、特にアメリカでは「銃は家族を守るもの」との意識が強いようですね。
     背景に全米ライフル協会やメーカーの商業主義によるプロパガンダも絡んで、銃所持に対する肯定的な意見も根強いと感じます。
     しかし、「守る。」ということは、「不意の一撃に対して反撃する。」または、「危険な状態に置かれて先制攻撃をする。」ということであり、
    いずれもその「原因になりうる『銃と』いう存在、そのものを無くす。」ことに勝る予防法にはなり得ないと思います。
     車やナイフ、果ては一本の鉛筆や素手でも人は殺せますが、殺傷能力と日常生活での必要性を天秤にかければ、銃が一般の家庭に存在する必要性はないと思います。
     日々犯罪の凶悪化が増す日本社会でも、早晩銃所持が解禁されるなんて考えられませんし。
     「守る必要がある社会より、危険の少ない社会への転換」のためには銃所持の規制・放棄が第一歩なのではないでしょうか?

  5. ≫ planar さん
    そうですよね。planar さんのコメントを読んでいたら、銃の問題って、まさに“にわとりとタマゴ”の関係に似てるな…と思いました。
    根本的な部分で、発想の転換がないと、“無限ループ”から抜け出せないような気がします。
    文化や思想の問題と、それを生活の糧にしている人たちが大勢いるという点で、解決には相当高いハードルがありそうですが…
    銃の問題は、「アメリカ人が試されている」そんな風にも見えました。

  6. だいぶ昔のことで情報源を失念しましたが、アメリカでの銃に関する
    取扱いについて、こんな話を聞いたことあります。
    「(銃を与えられて)最初に教わるのは『人に銃口を向けないこと』。
    次に教わるのは『銃口を向けられたら迷わず撃て』。」
    大変衝撃的な事件ですが、アメリカでは単に親が子供の躾に失敗した、
    あるいは子供の理解力を見誤っただけ、つまり「不幸な事故のひとつ」
    と捉える方が結構いらっしゃるのかな?
    …そう考えると複雑な気持ちになりました。
    文化の違いを理解し合うのは難しいですね。

    ところで…ぶり様のコメントへのコメントになり恐縮ですが
    私も自転車のマナーに関して憤りを感じているひとりです。
    いつの世も一部人間の悪行により法などにより規制されてきました。
    自転車もまた、近い将来、免許制や許可制にならないと良いのですが。

  7. ≫ がんちゃん
    間違いなく、「子供による不慮の事故」で済まされるでしょうね。
    きっと、それに違和感を持つ人が少ない…というのが、アメリカの現状なのじゃないかという気がします。

    自転車のマナー…人口減が始まってる状況で、自転車に乗る人もそう増えてないと思うのですが、徐々に問題が大きく取り上げられるようになってきているのは、やはり悪質になってるのかもしれないですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください