3671 iPad mini 購入記

iPad miniは、先日来、発売されたらすぐに買おう!思っていたのだが、結局、発売日の前日の午後になっても価格プランの発表もなかった。

そして29日18時くらい?になって、ようやくKDDIが発表し、ソフトバンクはさらに遅く発表された。

その間、予約の受付も、どのお店どの程度発売されるのか?在庫の状況はどの程度なのかといった情報が、まったくなかったため、かなり焦らされた感があった。

そんななか、発売日の30日8時から、ソフトバンク銀座でセレモニーと販売を行うという話を聞いてしまった。

11月30日午前5時30分。

僕は銀座4丁目の交差点に立っていた。

もともとは、それほどまでして買うつもりもなかったのに、焦らされるというのは怖い。

銀座のソフトバンクの場所も知らずに来たが、なにやら作業をしているビルがあったので、すぐにわかった。

今日のiPad miniの発売に合わせて、広告を掛け替えていたのだ。

気になる行列はどうなってるかと思ったら…

え、3人?

なんと、僕の前には3人しかいなかった。「先頭」と「最後尾」の立て札が近い、近い…

とりあえず、並ぶ。すると係のお兄さんがやってきて、目的の機種の確認をする。

あとは待つだけだ。

高所作業車での作業は、引き続き行われていた。

とにかく待つだけ…先頭の2人は、おもむろに椅子を用意して座った。さすが、慣れてる人?は違う。

しばらくすると、別の係の人がやってきて、コーヒーやマフィン、使い捨てカイロなどを持ってきてくれた。

今朝は風がなく、気温もそれほど低くなかったが、じっとしていると寒いので、暖かいコーヒーはありがたかった…

報道陣たちも集まってきた。

歩道を行き交う人の数も増えてきた。

数人の若い人たちが通り過ぎた。そのなかの女性の声が特に聞こえてきた。

「何並んでんのかなぁ〜」
「あはは、iPad mini だって!」
「なに、それ〜w」

また、先頭に並ぶ人に外国人が声を掛けていた。

気になる人は気にするし、気にならない人にとってみたら、まったく無縁の世界だ。

銀座通りの1車線を塞いでいた高所作業車は、6時30分ごろに作業を完了し、一気に撤収していった。

行列は6時近くになってもまったく伸びず、ずっと4人だけだったが、しばらくすると徐々に行列も長くなってきた。20人~30人程度かな?

整理券も配られ、徐々に雰囲気も慌ただしくなってきた。

警備員も増えて、道路の反対側には警官が立ち、関係ないけど救急車も通り過ぎる。

先頭の2人は、マスコミからのインタビューをいくつも受けて大変そうだ。

5時ぐらいから並び始めてるらしい。

そして7時40分、行列を店の前まで誘導し、そこにしゃがむように指示された。

テレビ的な見栄えとかセレモニー進行上の理由だろうけど、あんまり地面に座らせるのもどうかなぁ…と、今朝のありがたい対応と比較すると、ちょっと…と思った。

それにしても、このマスコミの数と、座らされた場所!

まるで罰ゲームのような位置だと思った。

先頭の2人は、インタビューを受け、その後、ソフトバンクモバイルの宮内副社長(孫社長じゃなかった)の挨拶などを経て、カウントダウン。

カウントダウン開始前に、和光の鐘が鳴り始めたので、ちょっと押し気味だったが、無事オープン。

店員さんたちの拍手のなか、受付テーブルのある2階へ。

恥ずかしくて仕方がない。最初に買うための洗礼のようなものか?

さすが、旗艦店だけあって対応は丁寧だし、飲み物のサービスや並んでいた人先着40人への割引券のサービスなど、至れり尽くせりだった。

無事、手続きが済み、店の前に出ると、行列がかなり伸びていた。

早く来すぎた!と、5時半に思っていたけど、早く来たおかげで、早く手続きが済み、無事に9時までに出社できた。

さっそく、iPad miniを使い始めた。

買おうと思い始めてからの長い道のりが、ようやく終わった感じ。

ちょっと、疲れた…。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください