[社会の窓]お酒が飲めたらなぁ…

今回の社会の窓(ヘッダー写真)は、昨年の新年会で撮った居酒屋での一コマ。

以前からよく書いているとおり、「お酒が飲めたら、僕の人生が変わったかもしれない」…と、常々思っている。

お酒が飲めることで知る世界は、決して小さくないはずだ。

父と一緒にお酒が飲めないのは、ちょっと申し訳ないと思う。

知らない相手でも、お酒を酌み交わすことで、腹を割って、いろいろな話ができることもある。

一度行ってみたいバーがあるのだけど、お酒が飲めないから、気が引ける。

もっとも、仮にお酒が飲めたとしても、度が過ぎれば、お酒に“飲まれる”というリスクや、いま飲めないために、そもそもお酒を飲みたいと思わないから、お金が掛からないというメリット?もあるのも事実だ。

そういう意味でも、「飲めた方がいい」…とは一概には言えない…はずなのだけど…。

でも、「やっぱり」…と思ってしまうのは、またまた、隣の芝生は…であり、ないものねだり…なのかもしれない。

4 thoughts on “[社会の窓]お酒が飲めたらなぁ…

  1. まあ…変わるかもしれませんね。良い方向に、とは限りませんが。
    バーでソフトドリンク、大いに結構ではありませんか。
    酒好きと“飲兵衛”とは似て非なるものだし、
    真の酒好きは自分の許容量やペースを知っています。
    酒が苦手な方に無理矢理勧めたりはしないんじゃないかな…
    そういう方と是非お出掛けくださいませ。

    というか…私も行ってみたいです…

  2. ≫ がんちゃん
    ありがたいことに、僕の周囲に、お酒を無理強いする人が周囲にいないのですが、“お酒を嗜む”こと自体を、楽しんでみたいんですよね。
    お酒を飲むと眠くなったり気分が悪くなるって、自分の知らない楽しみがあるんじゃないかって思ってしまうわけです…。
    まぁ、いずれは、ソフトドリンクで、突撃ですかね(笑)

  3. もう1年も飲んでいない、元酒飲みとしては、気持ち分からないでもないです。

    でも最近はノンアルコールドリンクが本当に充実してきたから、飲んでる気分は味わえるかも?
    今ではノンアルコールビールで酔えます(笑)

    このバーも「飲めないけど、このバーのコンセプトに賛同して来た」って言ったら、きっと喜んでくれるんじゃないかな。

  4. ≫ 兵ちゃん
    なんとなくなのだけど「飲めない」のと「飲まない」の違いを感じてしまってるので、結局は、“ないものねだり”なんだろうなと思います。
    あくまで勝手な発想だから、気にする必要はないはずなのだけど…。ちなみに、僕もノンアルコール系飲料で十分酔えますよ!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください