2207 ターニングポイント

昨日の移動中、遠くに六本木ヒルズを見たとき、ふとある男のことを思い出した。ここの住宅棟には、数年前に会社を辞めた同期が住んでいる。いわゆる“ヒルズ族”だ。

久しぶりに彼の名前をYahoo!で検索したら何百件も出てきた。彼が起業した会社もずいぶんと大きくなっている。

彼のインタビュー記事を見つけた。彼が起業して現在にいたるまでの過程のことが載っている。数年間は同僚だったから、会社での話題の部分では、「そんなこともあったなぁ…」と懐かしく読んでいたが、ある話が目にとまった。

僕のことが書かれていた。

実は当時、彼と一緒に起業しようと、いろいろなビジネスモデルを研究していたのだ。つまり会社を辞めて新しい事業を起こそうと模索していた。しかし、いろいろな事情からそのまま会社に留まることにしたため、辞めたのは、結局彼一人になってしまったのだ。インタビュー記事では、そうした事実関係だけが書かれていただけだが、なんだかドキッとした。

当時、辞められなかった理由はいろいろある。

その最大の理由は、なんといっても僕には自信がなかった…ということだ。単にビジネスモデルを研究するだけならまだしも、当時の生活をなげうってまで取り組もうという覚悟が足りなかったのだと思う。これは僕にとってのターニングポイントだった。その結果、会社を辞めることなく、いまでは勤続年数は10年以上となった。

歴史に“たられば”は禁物というか無意味だけど、もし当時、そのまま彼と共に起業したら、どうなっていただろう…と考えてみるが、どうしても思考が途中で止まってしまう。なぜか想像力が働かないのだ。

ただ“想像もつかない人生が待っていた”…ということは間違いないと思う。

7 thoughts on “2207 ターニングポイント

  1. おはようございます。そうだったのですか。”たられば”は確かに皆無のようにおもえますが、僕も名古屋の起業した友人に誘われ、一緒に会社をやろうと誘われましたが、踏み切れませんでした。彼はそこから規模を拡大させ成功しているようですが、忙しすぎて自由が無いと言っています。僕は相変わらずですが、今のままで満足しています。同じように彼と仕事していたら、、、想像つきません、考えることもありません。

  2. ろんさんや大吉様のように“別の結果”が客観的に見えていたとしても
    選択しなかった分岐の先にいる自分を想像するのは無理かもしれませんね。
    経験していないんですから(と書いてしまっては身も蓋もありませんが…)。
    修正できないという意味で“たられば”は無意味かもしれませんが
    シミュレーション的に考えてみるのも一興かも?
    (それ以前に、私には考えるほどの分岐点が無い気が…)

  3. ≫ 大吉コマサ さん
    “たられば”で別の道を選択したら、少なくとも
    今の生活はないんですもんね。当たり前ですけど…。
    これまで別の道を選択した自分…なんて、僕も
    考えたこともなかったのですが、先日は、なぜか
    ふと想像してみよう…って思ったのです。
    もちろん、選択しなかったことは、後悔はしてませんし、
    とりあえずは、今の生活を精一杯頑張ろうって思いました。

    ≫ がんちゃん
    あれは、僕にとっては、数少ない人生の分岐点でした。
    細かくは書けませんでしたが、当時、想定外の
    出来事が続いてしまったために、結局会社を辞めることが
    できなくなっただけで、別の道を選択する可能性は
    実は、決して低くはありませんでした。
    (もちろん、自信がなかったのが一番の理由ですけど)
    がんちゃんの仰るとおり、全く違った自分の人生を
    シミュレーションしてみるのも面白そうです。

  4. ターニングポイント、私は恋愛かな・・・。
    離婚したけど、この人と結婚してなかったら自分はまだ1人だったかそれとも別の誰かと結婚してたかなんて思ったりもします。
    今の自分の人生ではなくターニングポイントで選べなかった別の人生をも想像してしまいます。
    でも、どっちを選んでも決めたのは自分なのでそれなりの人生だと思います。

  5. ≫ 絵梨那 さん
    それは、人生のうちでもっとも大きなターニング
    ポイントとも言えそうですね…。
    大きな選択を迫られた時、いろいろな理由や
    原因があったとしても、選ぶのは自分なのだから、
    どちらを選んでも結局は「自分らしい人生」を
    歩むことになるのかもしれません。
    そう考えると、“選択”を誤ったと「悔いること」って
    実はあり得ないことような気がしました…なんとなく。

  6. 一緒に起業していたら、ろんさんの人生はまた大きく変わっていたでしょうねー。
    どっちが良かったかなんてきっと一生答えの出せる問題ではないでしょうが
    元同僚の方も、結果的に自分の選んだ道で成功している様で良かったですね。
    もし今あまり幸せじゃない結果だったら、なんだか少し申し訳ない気持ちになりそうで…。

    私は「あの時ああしていれば…」と思う事も多々ありますが、やはり別の道を選んだ自分を
    想像する事はないですねぇ。
    きっと、想像できないから選ばなかったのかも知れません。
    たまには冒険してみようかな(笑)

  7. ≫ kinoko さん
    そうですね。あまり想像できないのですが、
    少なくとも、もっともっと忙しくしているという
    ことは間違いなさそうです。

    kinoko さんの言われるように、たまには
    冒険もいいですね。いつもの自分が選ぶはずの
    選択ではない方を、あえて選択してみる。
    …そんな冒険も楽しいかも。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください