1401 共有財産?

店頭に出している赤地に白抜きの看板をめぐって争った訴訟で、「魚民(=モンテローザ)」と「和民(=ワタミフードサービス)」が和解。まぁ和解したことはよかったんだろうけど「赤地に白抜きの看板は外食産業の共通財産」という「魚民(=モンテローザ)」の主張は、なんだか自分の都合のいい解釈にしか思えない。まぁ確かに赤字に白抜きの看板は居酒屋で多いような気はするなと思って、調べてみたら、「魚民」ばかりではなく「白木屋」も「笑笑」も同じモンテローザの経営。自分たちで似たような看板をたくさん作っておいて、それを共有財産っていうのは、どうもなぁ…(もちろん「つぼ八」は違ったけど)。で、さらに調べてみると、同社のインターネットサイト上では赤字に白抜きの看板ってどこにも載っていないことに気付いた。あえて避けてる気がした。ちなみに、モンテローザは、同社の経営している「月の宴」でも「月の雫(=三光マーケティングフーズ)」から訴えられていたが、あれはどうなったんだっけ?まさかこれも「月の○は外食産業の共有財産」なんて言うんじゃないだろうなぁ。(2004.12.17)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください