[社会の窓]かつてここは天国だった

先日、西巣鴨に出掛けた際、久しぶりに見掛けた。

もう何年も前から、その存在は知っていたが、その状況は、まったく変わっていない。

いや、建物全体の傾きの度合いが、一層ひどくなった気すらする。  もはや、店名とは、あまりに正反対の様相に、思わず目を奪われる。

かつては、きっと賑やかなパチンコ屋だったのだろうが、時代を感じさせる電飾が消えてから、どれくらいの月日が経ったのだろう?

そして、いつまでこの状態が続くのだろう。

6 thoughts on “[社会の窓]かつてここは天国だった

  1. ≫ 固形石鹸
    いいでしょう?(笑)こういった物件は、ずっーと残って欲しいけど、まぁ極めて難しいでしょうね…。

  2. ≫ planarさん
    鋭いですね(笑) そうなんですよ…僕も気になってました。
    撮影したのが、ちょうど選挙前だったのですが、こういう対比もおもしろいですよね。

  3. ろんさん、おはようございます(^^)こちらにもお邪魔致しますm(_ _)m何ざんすか‼︎この元パチンコ屋の建物は‼︎傾いているやん‼︎なしてこんな風に傾いているんや⁉︎

  4. ≫ マスダっち1971さん
    これはインパクトありますよね。最初見たときびっくりしました。しかも比較的最近まで営業していたというから、驚きです。
    そういえば、最近はどうなってるんだろう…今度見に行ってこようかな。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください