[社会の窓]残る建物とそうじゃない建物

次々とできる複合商業施設の楽しみ方は、お店や商品を選ぶだけではない。

それぞれに個性はあるが、昨日行ってきたKITTEをはじめ丸の内界隈は、それに加えて、街や建物を“見る楽しみ”も提供してくれる。

赤煉瓦の東京駅と、白い磁器タイルの旧東京中央郵便局(JPタワー/KITTE)のコントラストは、とても素晴らしいと思う。

その一方で、旧東京中央郵便局と同時期に作られた、あの九段下ビルは、多少の抵抗に遭いながらも、あっけなく取り壊されてしまった。

その差は、公的な団体である郵便局と、民間の企業や個人の集まりという、建物所有者の性格の違いによるだけでなく、一般的な目で見て、直感的に美しさを感じやすいか、そうではないかの違いもあるような気がする。

美しい建物は残り、そうじゃない建物は消え去る。

そんなことを考えると、この目の前に広がる美しさも、ちょっと曇って見えてくる気がしてしまう。

考えすぎかもしれないけど。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください