久しぶりに書店再開

 ここんところ、あまり本を読めていなかった。図書館には毎週のように行ってはいたものの、読み終わる前に返却期限が来てしまうという有様だった。そんな状態が2~3ヶ月続いていたが、なぜか、ようやく最近読めるようになった。

 今日図書館に行ってみると、「ご自由にお持ちください」ということで何冊もの本が並べられていた。たいていの場合、あまり読みたい本がないことが多いのだが、今日に限って言えば、3冊も読めそうな本が見つかって、とてもトクした気分になった。

 別の図書館では予約していた本「世界中が雨だったら」が届いていたので受け取りに行く。

 「いま、会いにゆきます」の著者である市川 拓司の短編が3本収録されている。
 そのうち、本書のタイトルにもなった「世界中が雨だったら」を読んでいたら、涙があふれてしまった。本で涙したのは久しぶりかもしれない。詳しくは書店のコーナーで

 

 書店のコーナーも開店休業状態だったので、昨日まで読んでいた本を、取り急ぎ並べてみることにした。「気象マニア!」は、気象観測に関するあらゆる情報をとりまとめた本で、かつて気象予報士の資格に関心を持っていた僕にはなかなか楽しい本だった。「ワンダーアイズ」は、世界の子供に写ルンですみたいな、レンズ付きフィルムを渡して、写真を撮ってもらうというプロジェクトで、これまた意外な視点からの写が興味深かった。

 ちなみに、龍的書店とは、読書感想文の置き場のことです。アマゾンにリンクしてますけど、これは単に本の写真を提供してもらいたいがために、アフィリエイトプログラムに参加しているためです。


3 thoughts on price levitra 120mg久しぶりに書店再開

  1. 「気象観測マニア!」は読んでみたいです。
    気象用語は面白いものが多いですし、天気予報をより深く理解できそうな気がします。
    そういえば、最近は心を強く動かされるような本に出会っていないような…
    受け手である私の心がひねくれているせいかもしれませんが。

  2. ≫ がんちゃん
    やはりがんちゃんは「気象観測マニア!」に関心がありましたか…
    気持ちいいくらいに予想通りです(笑)
    背景がわかってくると、何気なく見ていたものがとても
    リアルに…というか、実体を伴って見えてくるので、楽しくなりますよね。
    僕も最近は心を強く動かされるような本に出会ってませんでした。もっとも
    僕の方は、忙しさにかまけて本そのものを読んでないからかもしれません。

    ≫ ゆかぽん さん
    本ってなかなかきっかけがないと読まないですね。
    逆に一度読み始めると、ずるずると芋づる式に読んでしまいます。
    今が、ちょうど何個目かの芋に手を掛けた状態かな…?
    「世界中が雨だったら」はぜひ借りて読んでみてください。
    ちょっと重い(内容がね)ので、評価は分かれるかもしれません…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください