5542 火星セラピー

先月下旬に火星への着陸に成功していた探査機「インサイト」が火星上でとらえた「風の音」を公開したという。

火星探査機「インサイト」こういうニュースは、本当にワクワクする。

以前、土星の衛星タイタンへ降下する探査機 ホイヘンスから、そのときの音を公開したことがあったが、その時以来だ。さっそく聞いてみた。

タイタンの音は、そのリアルさの評価よりも、よく遥か彼方から送ってよこしたなぁ!という感覚の方が強かった。

とぎれとぎれで加工してようやく音になったイメージだったが、火星の音はどうだろうか?

想像以上に鮮明だった。

目をつぶって、何度も聞いてみる。

いま自分が火星の表面にいるイメージで…。

”いまのところ”生命がまったくない星に吹く風。

これ以上ない孤独の世界。

もし本当にいたら、あまりの孤独さに恐ろしくなってくるはずなのに、なぜか不思議と落ち着く。

ふと、一瞬、”無”の境地になった。

ふだんのストレスが、一瞬消えたような、そんな感覚だった。

これって、火星セラピーか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください