[社会の窓]地下鉄から花見

今週は、桜が描かれている風景に絞って、ふたたび名所江戸百景を巡っている。

この日は、新宿御苑に行ってそこからの移動のため、丸ノ内線に乗っているとき、周囲が急に明るくなった。

四ッ谷駅に着いたのだろう…

ふと窓の外に目をやると、桜が見える。しかも、とても明るい。

降りるつもりはなかったのだけど、いったんホームに降りてみた。

四ッ谷駅にて

都心では珍しい、屋根のないプラットホームだ。

しかも、丸ノ内線は第三軌条から集電するため、空中に架線も架線柱もないから、まるでディーゼルカーが走る路線のよう。

開放感あるプラットホームここからふたたび地下へ…

こうした屋根がないプラットホームは、今日みたいな天気だといい感じだが、天気が悪いときは、困ってしまうかもしれない。

JR中央線との乗換駅でもあるから、乗降客が少ないわけでもないのに、屋根がない理由は…

近くにある迎賓館の警備のため…?とも言われているが、果たして…?

それにしても、こんな光景があるとは知らなかった。

こんな光景は知らなかった
まさか、地下鉄からこうして花見ができるとは…。

ひっきりなしに行き交う地下鉄の電車に、悠然と咲き誇る桜。

のんびり見ているつもりでも、出社時間や今日の予定なんかを気にしている自分。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください