[社会の窓]まず行動してみること

パステル画を始めた

自分が思い描くイメージを1枚の紙に表現してみたい…という思いは、かなり以前からあったものの、これまで、なかなか具体化しなかったが、昨日からようやく始めることができた。

実際に描いてみると、自分が思い描くイメージと、現実(モチーフの写真)には、大きなギャップがあることに気がつく。

でも、実際に手を動かすことで、知らなかったことが、どんどん、知っていることに変わってくる。

とかく、初めてのことに対しては用心に用心を重ねるものだけど、動いてみてわかることの情報量の方が、桁違いに大きい。

今回、絵ができあがってみると不満ばかりだが、絵のごく一部、わずかな部分でも、自分のイメージに近い表現ができると、すごく嬉しかった。

上達できるかどうかわからないが、また折を見て頑張ってみようと思う。

ということで、「まずは動いてみること」の大切さを表現するべく、練習で描いたパステル画を見だし画像(ヘッダー画像)とした。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください