電車の顔/鈴木 さちこ

電車の顔 電車の顔
鈴木 さちこ

成美堂出版 2011-07-14
売り上げランキング : 306782

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先日「電車は顔」という本を読んだばかりだが、こちらもやはり、電車の顔(正面)を紹介した本。イラストなのは同じだが、こちらのほうが、絵が手書き感覚のイラストが優しい感じで、鉄道初心者?にも取っつきやすい感じ。

さらに楽しいのは、人の顔に見立てて、いろいろなイメージを膨らませているところ。


横須賀線E217系

たとえば、横須賀線で走っているE217系について、スーツ着用のサラリーマンみたいで、列車番号を示すLEDの数字を、売り上げを示す電卓の数字か、株価か。営業成績か?胸元にある会社のバッジと表現したデザインは、言われてみれは、たしかにそんな風に見えてくる。


りんかい線70-000形

りんかい線70-000形は、前照灯が小さく寄り目で、よそ見をせずまっすぐに突き進む、せっかちやさんと表現。

なるほど、そう言われると、そんな風に見えてくる。

身近な車両をはじめ、全国の新幹線や特急はもちろん、地方ローカル線など、さまざまな鉄道の顔を、原則的に同じ地域か同じ駅に乗り入れる2つずつ紹介。

本書の一番下には、レールの絵が描かれていて、それが、パラパラ漫画になっている。ページをめくると、電車が右へ左へと走っていくのが見える。新幹線も登場。もちろん、あっという間に過ぎ去っていく。

ふだん見慣れて電車の顔に自分なりの解釈を加えてみるのも、おもしろいかもしれない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください