[社会の窓]軌道系交通

昨日までの沖縄出張ではモノレールに乗ることはなかった。

振り返ると、初めて沖縄に来たのも出張だったが、このときは移動は現地社員の借り上げ社用車だったので、空港から市内との往復とちょっとした観光はモノレールを利用した。

しかし、それ以降は、出張でも旅行でも、空港近くからレンタカーを借りてしまうために、モノレールの出番はなく、もっぱら被写体にしかならなかった。

利用できないのは残念だが、こうした軌道系交通(二本のレールの有無を問わず)が身近で走っているというだけで、ちょっと落ち着く。

そういう感覚は、あまり理解されにくいかもしれないが、鉄道好きというのは、そういうものだ(たぶん)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください