[社会の窓]吹雪のなかの赤煉瓦駅舎

大雪の日に、名所江戸百景を見て歩いた

この日、予定していた場所をなんとか見終えたので、帰ろうと思ったが、ふと、東京駅に寄ってみようと思い立った。

今日だけの風景がきっとあると思ったからだ。

地下鉄から地上に上がると、そこは僕の知ってる東京駅ではなかった。

本当にここが東京か?

ものすごい風に雪が舞い、赤煉瓦の駅舎が霞んでいた。

皇居側に至っては真っ白で何も見えなかった。

そして、こういう時にもなのか、こういう時だからこそ…なのか、次々と、この風景を撮るために、何人もの人たちが、カメラを構えていた。

もちろん、人のことは言えないけど。

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください