龍的図書館

ほとんど、図書館で借りた本ばかりですが、書評のコーナーです。
一応ジャンルで分類しています。

文学・評論 ◆ 社会・政治・事件 ◆ 芸術 ◆ 歴史・地理 ◆ ビジネス・経済 ◆ 科学・テクノロジー ◆ PC・携帯・インターネット ◆ 建築・都市 ◆ 趣味・実用・人生論 ◆ 旅行・ガイド ◆ 人文・教育・思想 ◆ テレビ・芸能・マスコミ ◆ いきもの ◆ たべもの ◆ コミック ◆ 交通 ◆ 鉄道 ◆ 航空機

ちなみに、このヘッダーの写真は、スウェーデンの建築家グンナール・アスプルンドによって設計された、ストックホルム市立図書館です。

2019年3月6日 東京Y字路 /横尾 忠則
photo

東京Y字路 横尾 忠則 国書刊行会; 初版 (2009/10/26) 名前はよく見聞きするし、かなり特徴的でかなりインパクトのある作品が多い。 それだけに、ひたすらY字路の交差点ばかりの写真集の作者が、横尾忠則とリンクし … 続きを読む


2019年3月4日 電卓四兄弟/樫尾 幸雄
photo

電卓四兄弟 – カシオ「創造」の60年 樫尾 幸雄 (著), 佐々木 達也 (その他) 中央公論新社 (2017/3/21) カシオといえば、若い人たちだと、腕時計G-SHOCKのメーカーというイメージが強い … 続きを読む


2019年2月21日 寿命図鑑/やまぐちかおり
photo

寿命図鑑 生き物から宇宙まで万物の寿命をあつめた図鑑 やまぐちかおり いろは出版 2016-07-24 by G-Tools , 2017/05/14 動物はもちろん、すべてのものには、すべて寿命がある。 極めて短い時間 … 続きを読む


2019年1月30日 触楽入門/仲谷 正史ほか
photo

触楽入門 仲谷 正史 (著), 筧 康明 (著), 三原 聡一郎 (著), 南澤 孝太 (著), 是澤 ゆうこ (イラスト) 朝日出版社 (2016/1/15) 人間の感覚には、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚のいわゆる”五 … 続きを読む


2019年1月28日 ひんやり氷の本/前野 紀一
photo

ひんやり氷の本 前野 紀一 池田書店 (2013/6/26) 水(みず)は、言うまでもなく、人間にとってなくてはならないものだ。 氷(こおり)は、その水が変化した姿だが、水とともに、ずっと人間と関わってきたものだ。 水の … 続きを読む


2019年1月18日 車掌車/笹田 昌宏
photo

車掌車 (イカロス・ムック) 笹田 昌宏 イカロス出版 (2016/7/5) 鉄道ファンにはいろいろなジャンルがあることは良く知られるようになったが、そのジャンルはとどまるところを知らない。 本書のテーマは、 1985年 … 続きを読む


2018年12月29日 「太陽の塔」新発見!/平野 暁臣
photo

「太陽の塔」新発見! (青春新書インテリジェンス) 新書 平野 暁臣 青春出版社 (2018/3/20) 日本万国博覧会(大阪万博)のことを知らなくても、太陽の塔を知らない人は少ないのではないだろうか。 完成から、もうす … 続きを読む


2018年12月7日 秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 /J・ウォーリー・ヒギンズ
photo

秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本 (光文社新書) J・ウォーリー・ヒギンズ 光文社 (2018/10/16) ネットでも紹介されていたので、もっとよく見たいと思って、図書館で取り寄せた。 駐留米軍軍属として来日 … 続きを読む


2018年11月27日 核実験地に住む/アケルケ スルタノヴァ
photo

核実験地に住む――カザフスタン・セミパラチンスクの現在 アケルケ スルタノヴァ 花伝社 (2018/7/18)   広島や長崎は、戦争で核兵器が使われた例として知らない人はいないだろう。 しかし、”セミパラチン … 続きを読む


2018年11月25日 セゾン 堤清二が見た未来/鈴木 哲也
photo

セゾン 堤清二が見た未来 鈴木 哲也 日経BP社 (2018/9/21)   西武百貨店、西友、無印良品、ファミリーマート、パルコといった企業が、ひとつの企業グループに所属していたという歴史は、あらためて考える … 続きを読む