6377 説明のつかない“自爆”ツイート

社会・政治・事件

小山田圭吾の辞任は、予想通りで何の違和感もない。

あちこちで論評が出てるから、あらためて言うこともないが、こういうことを考えるのも、だんだんくたびれてきた。

そういうところにこういうニュースが出てくるのだ。

田辺氏は「小山田辞任へ」のニュースを引用し「はーい、正義を振りかざす皆さんの願いが叶いました、良かったですねー!」と投稿。身内びいきととられかねない内容に批判のコメントが寄せられると、ツイートを削除し「先程は辞任の速報を受け、取り乱して不適切な投稿をしてしまいました。ご不快な思いをされた方に対し謹んでお詫びすると共に猛省しております。本当に申し訳ありませんでした」と謝罪した。

最近は理解できないことが多く起きるが、これも同じだ。

批判を浴びることが確実で、自分ばかりでなく、身内や仕事で関わる人たちにも迷惑が掛かることを思いつきで言ってしまっている。

ただひとつのメリットもないような、こうしたツイートをしてしまうのは、いったいどういうことなのだろう?

理解すること自体難しいし、まったく違う世界で生きている人なのだろうが、少なくとも、この世の中において、合理的に物事を考えられていないのは間違いない。

何かがあると、それに対して、条件反射的に言わずにおれない、つい言ってしまう…。

うーん、どこか、“オヤジギャグ”っぽさを感じてしまう。

“オヤジギャグ”なら、誰も傷つけることもなく、多少その場の雰囲気を変えるくらいで済むかもいれない。

…と思ったが、オヤジギャグレベルといえば、タレントの容姿を揶揄してオリン“ピッグ”なんてことを言って解任されたディレクターがいたのを思い出した。

条件反射的に反応してしまうのを、無理矢理抑えるなんて、これほど難しいことはない。

“自爆ツイート”をしちゃう人はしちゃうし、“オヤジギャグ”を言っちゃう人は言っちゃうのだ。

こういう人は、今後はあまり目立った活動をしない方がいいだろう…とは思う。

Posted by ろん