5782 間違ってないけど違ってる

新型コロナウイルス, 芸能・メディア・広告

たしかに人は多い
たしかに人は多い

ちょっと気になっていたことがあって、今朝は品川駅まで行ってきた。

よく新型コロナウィルス感染症のニュースで、都内における人の動きを紹介するニュースの背後に映し出されている映像に、朝の通勤時間帯の品川駅港南口が使われることが多い。

ちょっとどころではなく、かなりの多く使われているのを目にする。

で、実際に、この風景はどうなっているのだろう…と、以前から気になっていたので、見に行ってみることにした。

改札を出て港南口に向かうが、大げさでもなんでもなく映像で見た通りのすごい人の数だ。

それが、けっこう速いペースで歩いている。

しゃべっている人など誰もいないし、歩くスピードが速いせいかスマホを見て歩く人も少ない。ただひたすら出口に向かって黙々と歩いている。

そして、港南口に出てみると、ここから一気に人の流れが分散している。

ちょうどそこで待ち構えるかのように、マスコミにカメラが3社ほどいた。

実際に見る風景は…
実際に見る風景は…

彼らと同じ位置…正確に言えば、その背後から、人の流れを見てみると、確かにテレビで見る映像そのままの風景があった。

けっして、大げさではなかった。

でも、まったく会話もなく、ほとんどの人がマスクをして、どんどん同じ方向に歩いている限りは、感染のリスクは限りなく低いだろう。

そういった意味では、この光景は、むしろ”安全”を示しているはずなのに、映像で取り上げられるときは、人の多さを伝えるときだ。

実際に起きている状況は間違ってないのに、使われ方が違ってる感じで、なんだかおかしなものだと思った。

Posted by ろん