6164 あまりに取り留めのない見た夢の話

日常生活

寝ているときにしょっちゅう夢を見る。

ただ覚えていることはあまり多くないのだが、今回見た夢は、なぜか詳細に覚えていた。

せっかくなので、見た様子を文字にしてみた。

ただ、これはあくまで夢であり、すべての話には脈絡がないことをお断りしておく。

– – – – – – – – – – – – – – – –

ここはいったいどこだろう?

…実家のようだ。

階段の途中に隠し扉があることに気づいた。

そこに物をしまえると思ったが、思ったより小さい。

近くで寝ていた両親を起こさないように…と静かに開けるが軋む音が出てしまう。

開けてみると、その中に金庫があった。

そして、それを開けるとまた金庫…。

なんだこれ?

場面は変わって、仕事場へ。

久しぶりの出社だ。

会社の机が木製で、まるで小学校だ。

机には引き出し。

机の下には段ボール箱があって、どちらも私物の入っていた。

カーペット敷きでそこに直接座って仕事する感じになっている。

誰かがいたずらで机を削っているらしく、机の表面はガタガタだ。

これではこの机では仕事ができないくらい彫られている。

ふと、なぜか、みんなでテニスをすることになった。

みんなが歩いていくのをついていく。

狭くて暗い廊下を通り階段を降りて外に出た。

先に行く人を追いかける。

出遅れて迷うがたどり着いた。

みんな整列しているが、僕自身もそんなにやりたくはないので、ちょっと距離を置いて座っている。

他にも数人少し離れて座っている。

そのなかに「上を向くことができないからテニスには参加しない」という人がいた。

どこかで見たことのあるお笑い芸人のようだった。

この人はたしか高校野球をやっていて、運動は得意だったはず…と、思って尋ねてみたら、人違いだという。

そのあと、なぜか、みんなでゆりかもめのような新交通システムに乗った。

途中まで順調だったが、突然、急坂を冒進しはじめた。

多くの人たちや障害物を跳ね飛ばし、坂を上がってようやく停止。

まったく悲壮感はなく、やっちゃったね…という雰囲気。

そこは細い路地で薄暗かった。

壁には電車の正面を描いた絵が貼ってあった。

担当者みたいな人が車に乗ってやってきた。

話を聞くとこの新交通システムは、延長計画があって、ちょうどここに駅ができる予定だったという。

さきほどの電車の絵は、子供が描いた感じ。これは計画を盛り上げるために子供たちに書かせているらしい(と自分が思った)

チラっと見えた、ここに新しくできる駅名候補に驚愕した(Tokyoと書かれていた)

路地を出ると、都電が止まっていた。

行先に亀有みたいな表記があった都電と競合していると、さっきの担当者は言う。

新交通で一緒に来た人たちと、2台の車に分乗して移動することになった。

自分は前の車に乗ろうとしたが、すでに後部座席にもう4人も座ってる。
そこに割り込んでさらに乗る。

小型動物が乗っていたのを寄せて、無理やり乗り込んだ…

– – – – – – – – – – – – – – – –

…というところで夢から覚める。

もし夢占いみたいなもので判定してもらおうとしたら、この夢からは何が見えてくるのだろう?

Posted by ろん