5742 久しぶりに思い出したあの呼び名

社会・政治・事件

「グルーポンの日本でのサービスが終了」というニュースを見て、久しぶりに思い出したのは「スカスカおせち」だった。

当時もこのニュースについて取り上げていたが、これも少し考えたら、絶対に許されることではないようなできごとが、平然と行われて、実際に商品が届いたという事実に、あらためて驚かされる。

スカスカおせち
スカスカおせち

当時このサービスに関わったすべての人たちが“当事者”でなかったのだ。

だから、あんな“スカスカ”でも、1万円の値をつけて売るなんて暴挙に出てしまうのだろう。

そういった意味では、あの“スカスカおせち”の登場を防ぎ切れなかったという段階で、すでにグルーポン自身も当事者ではなかった…とも言える。

あの事件のインパクトは凄まじく、クーポンの仕組みも露呈した上に、警戒心を植え付けてしまったことが、結果的にグルーポンの日本での展開を難しくしてしまったのだろう。

それにしても、“スカスカおせち”という言葉の響きは、なんとも不思議な力を持っている。

なぜだろう??

 

Posted by ろん