5688 僕は、”ドラマで騙される”

芸能・メディア・広告

結局はそういうことか…
結局はそういうことか…

「リモートで殺される」というドラマを観た。

起用されていた若手の俳優は、ある程度名前と顔が一致している人たちで、タイトルのまま理解したら、遠隔で殺されるわけだが、いったいどういうトリックがあるんだろう?と思いつつ視聴。

最初のうちは、それなりに、話の展開が気になる感じだったが、話が進むにつれて、あれ?と思うようになった。

結局、別に遠隔で殺されるというわけではないようで、誰だかよくわからないが、犯人が物理的にそこに行って殺人を犯しているような感じだった。

そういった意味では“ありふれた殺人”ではあるけど、それでもこれまで観ていた限りでは、詳細がわからず、手口などはほとんど説明がなかった。

そして…。

「この続きはHulu『殺人の裏側編』で」と出た瞬間、「やられた!」と痛感することになった。

なんてことない、この1時間弱の時間を使って、有料動画配信サイトの宣伝ドラマを観てしまったのだ。

まさに、ドラマで騙されたという感じ。

他のテレビ局でも似たようなものだけど。日本テレビのやり口が一番ひどい気がする。

観終わったあとに“不快感”を覚えさせることを承知で、こうした手法がとられるケースが増える一方というのは、テレビ局にとって、もう背に腹は変えられない状況になっているということなのだろうか。

Posted by ろん