5660 これでは検索できない

日常生活

金曜日、傘をなくしてしまった

失くした場所も日時も明確に分かっているのだから、すぐにわかる…と思ったが、結局見つからなかった。

もしかすると誰かによって届けられているのかもしれない…と、警視庁の拾得物公表システムを使ってみた。

これは、落とした分類や種類と日付を指定すると、そのものの特徴や届けられた場所などが出てくる。

検索してみたけど…
検索してみたけど…

さっそく調べてみたら…。

傘の特徴は「長傘」、拾得した場所は「○○区  鉄道」、問い合わせ先は「遺失物センター」といったものばかり。

しかも、よく見ると、なぜか拾得された場所は、足立区、台東区、墨田区しかない。

いったいどういうことだろうか? 調べようがないではないか。

しかも、問い合わせ先の「遺失物センター」はどこを指してるのだろうと思ったら、なんてことない警視庁のことので、どの路線で拾得されたかすらもわからない。

この日だけで189件もの傘の忘れ物があったのだから、そんなに細かい情報を登録していられないってことだろうけど、これでは何の役にも立たない。

これは、もう諦めろ…ということなのだろう。

Posted by ろん