5621 数字のその先に(発令33日目)

新型コロナウイルス

以前のように東京都が発表する、新型コロナウイルスの感染者数に一喜一憂しなくなったが、連休が明けて3日経っても、極端な新規感染者数の増加がないように見える。

数字を見ていると…
数字を見ていると…

4日連続40人下回ったなんていうニュースをやってるが、東京都のサイトによれば、その分母となる検査人数自体も、なぜか減ってるのだ。

ここ数日は、そもそも100人ちょっとしか検査してないようだし、5月6日なんて65人しか検査していない。

それなら当然減るに決まってるだろう。

数字すら当てにならないのだから、いったい何を見て判断したらいいのか…数字の発表を見聞きするだけでも、暗澹たる気持ちになってしまう。

そして、もし仮に、この数字が本当に実態を表していて感染者が減る傾向にあるとしても…、その先にはかつての生活があるわけではないということを、どれだけの人が意識しているだろうか。

元の生活に戻ったら、また感染者が増える…このままでは、その繰り返しが始まってしまう。

発表される数字の先にあるものは、いったいどんな世界なのだろううか。

Posted by ろん