5572 朝日新聞批判に対する違和感

物思いに耽る(雑感)

「戦争でもないのに超大国の大統領が恐れ慄(おのの)く。新コロナウイルスは、ある意味で痛快な存在かもしれない」と、Twitterに投稿し批判を浴びたという話。

投稿したのは朝日新聞の解説委員だと聞いて、さもありなんと思った。

どうしてこういう言い方しかできなんだろう…と誰もが思うだろうが、言ってしまう本人は、心からそう思っていたに違いない。

批判を浴びて、本人がアカウントごと削除したというが、きっと不本意ながら。

とにかく、政治家に一泡吹かせたくて仕方がないのだ。

特にこうした問題が朝日新聞で表面化するたび、同紙に批判的な人たちが飛びつく。

だから、こういうことになる。

朝日新聞広報、小滝ちひろ記者の件で謝罪する→一方で常磐線再開の写真から漂う朝日新聞らしさ・・・・

常磐線の全線運転再開は喜ばしいけど…
常磐線の全線運転再開は喜ばしいけど…

常磐線運転再開を喜ぶ沿線住民の声を取り上げず、帰宅困難区域であることを主題として取り上げるのが、朝日新聞らしい…という。

たしかに、前述の“痛快”と言ってしまうような朝日新聞における問題はいろいろあるし、批判されて当然と思うようなことばかりだ。

でも、今回、この報道内容がむしろ適切だと思ったのは、もちろん先日その現場を見てきたからだ。

たしかに、常磐線の全線運行再開は喜ばしいけど、決してそれだけではないし、ましてや聖火リレーによって、その事実を覆い隠すようなことがあっては決してならない…と思った。

まさに「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」みたいな感じで、何を報道してももうまともに受け取られないのかもしれない。

Posted by ろん