5957 翔んで埼玉

ちょっとした投稿

「翔んで埼玉」公式ページより
「翔んで埼玉」公式ページより

先日、大ヒットした映画「翔んで埼玉」が、地上波初放送ということでその録画を視聴した。

「うまいうますぎる」「与野は引っ込んでろ」「山田うどん」など、埼玉の小ネタが散りばめられていてなかなか面白った。

しかし、ちょっと思ったのは、川越がほとんど出てこないということだった。

川口、所沢、さいたま(大宮、浦和、与野)、越谷、春日部…と、物語のなかで、きちんとした役回りがあるのに、川越は「小江戸」という提灯がところどころで見える程度しかない。

人口は、さいたま市、川口市に続く第3位の規模であるにもかかわらず…だ。

まぁ埼玉のなかで、川越の存在は別格なのかもしれない。

きっと観光客の数が埼玉県のなかで川越市がダントツに多いはずで、別格扱いになるのも無理はない…と思って、念のため調べてみたら…。

なんと、実際はまったく違っていた。

驚くべきことに、埼玉県で川越市は3位(平成30年統計)だった。

観光客数は年間734万人だ。

2位がさいたま市で2,570万人…、そして、1位は越谷市で、なんと5,700万人で、川越市の7倍から8倍という途方もない差が付いていた。

いったい越谷の何が観光客を集めるのか…と思ったら、その大半はイオンレイクタウンの客だった。

翔んで埼玉とはまったく関係のない話だが、あらためて、イオンの力はすごい…と思わずにはいられなかった。

Posted by ろん