5918 ミナ ペルホネン/皆川明 つづく展

博物館・展覧会, 芸術・デザイン

100年続くブランドを目指してるそう…
100年続くブランドを目指してるそう…

東京都現代美術館で開催している「ミナ ペルホネン/皆川明 つづく」展を鑑賞。

ミナ ペルホネンとは、ファッションデザイナー皆川明が立ち上げたブランドだ。一過性の流行ではない普遍的な価値コンセプトとして、100年続くブランドを目指したという。

”映え”を意識してか、冒頭のクッションの壁や、服の森には圧倒された。

服の森に圧倒
服の森に圧倒
さまざまなクッション
さまざまなクッション


緻密さと大胆さを兼ね備えている感じがするが、どれも、飽きのこないデザインばかりだ。

”創作の裏側”
”創作の裏側”

どこか”ヘタウマ”な雰囲気のあるキャラクターがいたかと思えば、計算されつくしたデザインが出てきたり…と、見ているだけで楽しめる。

作品を見ていると、こんなにもたくさんの”可能性”とか"選択肢"があるんだ…と驚かされる。

ファッション・テキスタイルの可能性が無限であることがよくわかる。

また、こうしたデザインが生まれる”舞台裏”なども紹介されていたが、これは先日見た企画展に通じるものがあって、やはり膨大な試行錯誤の上に作られていることがよくわかる。

靴とか…
靴とか…
ボタンまでもデザイン
ボタンまでもデザイン


ファッション・テキスタイルの領域にとどまらず、「簡素で心地よい宿」のプロトタイプなどが紹介されていた。

「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ
「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ
「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ
「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ


とてもシンプルではあるが、暖かみのあるデザインに囲まれる時間を経験できたら楽しそうだ。

「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ
「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ
「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ
「簡素で心地よい宿」のプロトタイプ


 

Posted by ろん