5907 大東京金貨大作戦

日常生活, 芸能・メディア・広告

正月は空いてる
正月は空いてる

恒例となっている、高校時代との友人たちとの新年会へ。

今回話題の中心となったのは、この新年会が何回目の開催であるのか?ということと、とあるテレビ番組のことだった。

前者については、過去の写真や記憶などから、今回を24回目として、次回を25回の記念新年会にしようということだった。

そして後者については、記憶がうっすら過ぎたが、少しづつわかってきた。

きっかけは、片付け中に出てきたというこのテレホンカード。

「大東京金貨大作戦」のテレホンカード
「大東京金貨大作戦」のテレホンカード

大東京金貨大作戦

TBSテレビで放送された大晦日の特別番組に自分たちが参加した…という話だ。

参加者たちは、番組から示された暗号を解読して、その場所に向かい、最後に金貨を掘り当てる…というものだったようだ。

相変わらず僕の記憶は皆無に近いが、僕もなんらかの形で関わっていたようだ。


今回、新年会に参加できなかったメンバーの1人からのLINE…。

この暗号の答えは「築地本願寺」
この暗号の答えは「築地本願寺」

これには、みんなピンときた。

答えは築地本願寺。

続いて、こんな暗号も送られてきた。

「巨大な卵から七つの星が回転するとき、53の巨星が輝く館に出会うだろう」
「巨大な卵から七つの星が回転するとき、53の巨星が輝く館に出会うだろう」

ちなみに、ものすごい記憶力を持つ彼は勤務時間中だという。

「巨大な卵から七つの星が回転するとき、53の巨星が輝く館に出会うだろう」

5万分の1の地図で、“巨大な卵”が東京ドーム(ビッグエッグ)を中心に届いた場所が、当時、千代の富士が前人未到の53連勝を達成した場所…両国国技館というのが答えだったようだ。

暗号を解く鍵がタバコだったり、今は亡き千代の富士が現役だったというところにも、30年前という時代の流れを感じる。

そして、さらには、東武伊勢崎線牛田駅、京成本線京成関屋駅近くにある「アメージングスクエア」、村上春樹の「ノルウェイの森」に関連して「中野サンプラザ」、そして最後は「新木場」で、オレンジと軍手とスコップ、タスキ?が支給された…といった記憶が出てきた。

もちろん、僕はほとんど記憶していないが、このあたりの情報を検索しても、まったくと言っていいほどヒットしない。

どんなにマイナーな情報でも、たいていは何かが引っ掛かるものだが、この情報だけは“皆無”だ。

検索に出てきたのは、自分の記事に対するうのくんのコメントだけだった。

年末のテレビ特番だったにもかかわらず、ここまで情報がない…というのはすごい。

誰かが記憶を補完してくれることを期待して、こうして記事を公開することにした。

Posted by ろん