5849 どこもかしこも人だらけ

旅行・見学・イベント, 鉄道

相鉄・JR直通線を利用して、海老名までやってきた

海老名に来たのは、小田急ロマンスカーでプリンの忘れ物をして取りに来た以来だ。

ViNAWALK (ビナウォーク)方向を見る
ViNAWALK (ビナウォーク)方向を見る
海老名駅方向を見る
海老名駅方向を見る


海老名市が、イメージアップに力を入れてるのだろうな…と思わせるものをいくつか見掛ける。

海老名の合言葉…?
海老名の合言葉…?
海老名のゆるキャラ
海老名のゆるキャラ


ずっと向こうにJR海老名駅
ずっと向こうにJR海老名駅

ちょっと海老名駅周辺を散策して、羽沢横浜国大駅に行くつもりだったが「相模鉄道×崎陽軒 相鉄・JR直通線開業記念弁当」なるものが限定発売されると知り、買ってみることにした。

まだ9時半くらいだったので、開店までちょっと時間がある。

海老名駅周辺をウロウロして、10時ちょっと前に海老名での販売店である、ファミリーマルイに着いた。

すると

限定を甘く見てた…
限定を甘く見てた…

もの凄い行列になっていた。

とりあえず、最後尾と書かれた看板のところへ。

なんとか販売数には達していないらしく行列に並んだ。

10時から販売開始となったが、店内に通されるのは10人ずつで、それまでは外で並ぶ。

30分以上待ってようやく購入
30分以上待ってようやく購入

1つ1000円で1人2つまでという制限があるが、支払い単純だから、どんどん販売が進むと思ったが、実に30分ほど待つことになった。

自分はなんとか購入できたが、すぐ後ろくらいの人は、足りなかったらしい。

限定物は決して油断してはいけないのだ。危なかった。

新宿行きに乗る
新宿行きに乗る

ふたたび、相鉄海老名駅へ。

相変わらず、”撮影会”状態になっている。

撮りたくなる気持ちはとてもよくわかるけど。

相鉄のJR乗り入れ車両である12000系に、初めて乗ることができた。

LEDの間接照明や、身だしなみ用の鏡、人間工学に基づいた独特の釣り手など、様々な配慮のある車両は、見ていて楽しい。

ただ、残念ながら、通常は新宿以南でしか走らないため、今後もあまり乗る機会はなさそう。


独特な車内デザイン
独特な車内デザイン

LEDによる間接照明や人間工学に基づいた釣り手

ただの駅名標だけど、しばらくは注目を集めそう
ただの駅名標だけど、しばらくは注目を集めそう

羽沢横浜国大駅に到着。

駅名標なんて、これからいくらでも撮れるのに、みんな必死になって撮影していた。

 

 


相鉄では「各停」がJRだと「各駅停車」といった具合に、相鉄線内での表示とJR線内での表示は細かく変えられている。

相鉄線内での表示
相鉄線内での表示
JR線内での表示
JR線内での表示


羽沢横浜国大で下車
羽沢横浜国大で下車

新宿行きを見送る。

ここでもすごい人だ。

列車の表示も変更されていた。

 


トイレにも行列
トイレにも行列
とにかく人だらけ
とにかく人だらけ
外に出るのも一苦労
外に出るのも一苦労


外もすごい人とりあえず、駅の外に出てみたが、ただでさえ広くない駅前のスペースは、おそらく記念入場券を買う人の行列で占められていた。

また、たしか、開業記念イベントが開かれているはず…と思って探してみたが、見つからない…と思って行列のひとつを追ってみたら…。

なんと、入場規制が掛かって、入場までは1時間半待ちなのだという。

もちろん待つつもりはなく、駅周辺を歩いてみた。

イベント入場待ち(1時間半)
イベント入場待ち(1時間半)
歩道橋に上がってみたら…
歩道橋に上がってみたら…


羽沢横浜国大駅は、貨物駅と道路と丘に挟まれた場所にあるため、お店はおろか、観光地になりそうなところはまったくなさそうだ。

それでも、駅のすぐ脇にある歩道橋からは、羽沢貨物駅が見渡せて、ここが唯一の観光スポットになりそうな感じだった。

この付近一番の名所か?
この付近一番の名所か?
羽沢貨物駅
羽沢貨物駅


歩き疲れたが座るところもないので、新宿行きの列車を待ち、帰りの途へ。

予想よりはるかに苦労して購入した弁当
予想よりはるかに苦労して購入した弁当

弁当は家に帰ってきてからいただいた。

想像以上に苦労して手に入れた弁当は美味しかった。

醤油入れがオリジナルで2種類ある…ということで、ちゃんとそれぞれ入っているか気になったが、幸運なことにそれぞれ1つずつだった。


醤油入れが12000系バージョン
醤油入れが12000系バージョン
醤油入れがそうちゃんバージョン
醤油入れがそうちゃんバージョン


Posted by ろん