5800 教員同士によるいじめ問題に思う

神戸の小学校で教員同士によるいじめ問題。

大人のいじめは、子供以上に陰湿だったようだ。

残されていたいじめの動画が動かざる証拠となったわけだが、“わざわざ”こうした証拠を残す行為は、大人も子どもも関係がないようだ。

ここまでひどいのも珍しい。

加害者たちの酷さも目に余るが、それを容認していた周囲もおかしい。

このいじめが日常的なものとして行われたときに、それに関わった人たちのそのときの思いや気持ちを聞いてみたい。

被害に遭った方はともかく、加害者、そしてそれをみていた人たちはどう思ってたのか?

https://www.j-cast.com/2019/10/08369595.html?p=all

加害者は、間違いなく、自分がしてることは「決して、いじめではない」と思っていたはずだ。

むしろ正当なことだと考えていたと思う。

そして周囲は、いじめと分かっていても、関わると面倒だから、いじめではないと“思い込む”ように過ごしていたはずだ。

こうして、いじめが長期間にわたって続いたのだ。

大人でこれなんだから、子供で起きないわけがないのだ。

そして、決してなくなることもない。

だからこそ、起きたときの対策や、救済方法をもっと真剣に考えないといけない。

誰の身の上にも起きる可能性があって避けられない…というと、どこか震災に似ている気もする。

起きたときのための“訓練”なんてのも必要になるのかも。

2 thoughts on buy cheapest levitra5800 教員同士によるいじめ問題に思う

  1. ロンさん
    生徒にもイジメの事を話題にしていたようですので
    発覚前に父兄の間にこの件はどのように
    広まっていたのか気になります。
    先生同士でそんな事をするわけがないとされていたのか
    それとも・・・

  2. ≫ぶり さん
    このニュースは、いろいろ不可解なことが多く感じる一方で、実は多かれ少なかれ、どこでも起きてることなのではないか?という恐怖も感じています。
    児童同士、先生同士、保護者同士…何の違和感もなく起きている…と想像できてしまいます。
    いじめは、人間の醜い“本能”なのかもしれない…なんて思えてきます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください