5771 京急神奈川新町踏切衝突事故

京急本線神奈川新町駅近くの踏切で発生した衝突事故。

踏切に進入したトラックの運転手が亡くなり気の毒だったが、脱線の規模のわりには、けが人が少なかったのは不幸中の幸いだった。

当然ながら復旧に時間がかかると思ってたので、朝の品川駅がどういった状況になっているのかを見るために、ちょっと寄ってみた。

京急川崎行きと羽田空港行きしかないふだんとどう違うのか…

もっとも、ふだんの品川駅を知らないので、これがふだんとどう違うのかよくわからなかったが、行先表示は、京急川崎と羽田空港だけだった。

羽田空港方面に向かう列車が動いているおかげで、スーツケースを持っている人たちには、それほどの混乱はなさそうだった。

この事故を伝えるニュースで、キャスターの安藤優子が「常識的に京急はとてもスピードを出すっていうことで知られている」などと発言し、物議を醸した。

そりゃそうだ、こんな事故が起きたときにこんな言い方したら、日常的に勝手にスピード違反していて、それが原因の一端になっているような印象を持たれかねない。

https://www.excite.co.jp/news/article/Real_Live_48542/

こうした報道では、とかく事業者側に問題があるという流れになりがちだが、やはり、最初からそういった姿勢で報道することに違和感を覚える。

もちろん、事故は繰り返さないようにすることはとても大切だ。

しかし、そのアプローチを間違えると、無意味どころか、悪影響しか及ぼさないことだってあるのだ。

こういう伝えられ方をしてしまう、キャスターの役割ってなんだろう?って思う。

2 thoughts on cheap usa pills levitra online5771 京急神奈川新町踏切衝突事故

  1. ロンさん
    キャスターの発言にある種の特権があるような時代が長かった結果が安藤キャスターの今なのかな?
    今の時代が求めるキャスターとは明らかなズレは否めないのかも。

  2. ≫ ぶり さん
    はい、そう思います。
    これからの時代、もし、ただ伝えるだけであれば、AIやロボットのほうが上手になるかもしれません(笑)
    世の中の空気を読めなくなったら、キャスターとしては失格だと思ってたのですが、もしかすると、もう“煽る”役割でしかないんじゃないか…なんて気がしてきました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください