5770 空き容器入れの投入口

たしかに、これは気になっていた。

素朴な疑問:自販機横の「空き容器入れ」はなぜ投入口だけ分別されているの? 各飲料メーカーに聞いてみた

自販機の隣に設置してある空き容器入れの多くは、カンとペットボトルで投入口が分かれているが、実際にはひとつのバケツに入れられている。

コンビニとは異なるつまり、ビンカンペットボトルは、投入口に書かれた表示はとは関係なく、どちらに入れても同じ…ってことになる。

この記事は、その理由について書かれていた。

ずっと気にはなっていたので、まるで自分の代わりに聞いてくれた…って気分。

その結果、大手2社からはこんな回答だったそうだ。

「分別の意識を持ってもらうために、そのようになっています」

本当だろうか?

たしかに、これは一理あるのだけど、これが最初から分別意識を持ってもらうために設けられた気がしない。

自分の考えた仮説はこうだ。

1 もともとは、別々に入れる必要があった
2 回収後の分別が可能となったことで、回収時の分別は不要となった。
3 容器入れの改修は負荷が掛かるので最小限に抑えたい
4 投入口はそのままにして内部をひとつにして回収しやすくする
5 投入口は分かれたまま

どうだろう?

2 thoughts on liquid viagra drink5770 空き容器入れの投入口

  1. 私が以前聞いたのはリンク先のダイドードリンコさんの回答です。
    投入口をまるい穴状にすることで瓶・缶・ペットボトル「だけ」捨てるという意識付けをする…つまり「上記以外のごみを捨てない」さえ達成できれば良いと。成果があったのか気になるところですね。

  2. ≫ がんちゃん
    たしかに、この考え方は本能的な面に訴えかけているようで、興味あります。
    じゃあ、丸い穴を1つだけでいいんじゃないか…とも思ったのですが、これだと、“投入口が丸いゴミ箱”と誤解されかねないから、やはり2個以上並んでたほうがいい気もします。
    なるほど、もしかすると、これが正解かもしれないですね!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください